1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 5Gを活用したデジタルサイネージ広告
SIGNAGE COLUMN

5Gを活用したデジタルサイネージ広告

2020年のオリンピックイヤーは最新技術のお披露目の場ともなると言われています。その最新技術のなかでも様々なモノに影響を与えるとされているのが『5G通信』です。

一体5G通信はデジタルサイネージにはどのような恩恵をもたらすのでしょうか?今回は、5Gを活用することでデジタルサイネージは今後どのように進化していくのか、ご紹介していきたいと思います。

5G通信とは?

そもそも5G通信とは、携帯電話などの通信に用いられる1G、2G、3G、4Gに続いた、無線通信システムのことをさします。 5Gの特徴は以下の3点があげられます。

  • ・高速・大容量
  • ・低遅延
  • ・同時多接続

これらを4Gと比較すると、通信速度は100倍、遅延は10分の1(0.001秒)、同時接続台数は30~40倍ともなり、大容量の動画のダウンロードが瞬時で行うことができたり、リアルタイムの映像などを遠隔に共有することなどが可能になってきます。 また、同時に多数のデバイスをインターネットに接続をしても読み込みが遅くなるなどのストレスがなくネットを利用できるという利点もあるため、特にオリンピックなどの人が多く集まる場所においては、オリンピックに向けて5G通信の普及を急いでいるところです。

5Gでデジタルサイネージはどう進化するのか

高速で大容量の通信が可能で、リアルタイムとの時差もほとんどなく、同時に多数のデバイスをインターネットに接続ができるというのが5G通信です。 ここからは、この5Gを活用することでデジタルサイネージはどのように進化するのかというところについて触れていきたいと思います。

・リアルタイム映像の配信

5Gによって、通信技術が飛躍的に向上すると、リアルタイムの情報や映像をデジタルサイネージに表示させることが可能になります。 例としては、天気の情報や車や人の混雑状況などのリアルタイムの情報をクラウド上に収集し、瞬時に配信することができる点などがあげられます。 これらを駅構内や百貨店などで利用することで、屋外の天気や、トイレやレストランなどの混雑状況を利用客に知らせることができるようになります。 更には、遠隔で行っているセミナーや試合等を配信することも可能ですので、そういった意味では看板や広告のみの用途に限らずこれから先様々な分野で利用されていくと予想されます。

・4K、8K映像の配信

近年、テレビの液晶などでも4Kや8Kの技術を採用したものが広まってきています。 デジタルサイネージに利用される液晶も、テレビで採用されている液晶と同じもので、特に大画面のデジタルサイネージにおいては高解像度のものが求められています。

もちろん、高解像度の映像になればなるほど、映像をサイネージ上に表示しようとすれば大容量の通信を必要としますので、従来のネットワーク環境ではうまく操作が行えないといったことになります。 そこに5G通信を活用することで操作上のストレスも軽減され、更に高解像度の映像配信が広まっていくことも期待ができます。

・ターゲットの動きにあわせた広告表示が可能

これは、ターゲット広告サイネージとよばれ、顔認証技術を利用してディスプレイの前にたったターゲットに効果的なコンテンツの表示を行うものです。

高解像度のカメラで認識した映像から、ターゲットの性別や年齢を推定し、判定結果をもとに、表示されるコンテンツを条件に応じて切り替えることが可能になります。おすすめの飲み物を提示してくれる自動販売機などがその一例です。

また、5Gは大容量の通信が可能になることからAi(人口知能)の技術を高めることも予想されており、今後はAi機能を搭載した、ユーザーとコミュニケーションがとれるデジタルサイネージも実用化されてきます。とくにこれは2020年のオリンピックにむけて外国人観光客とのコミュニケーションツールとしても有効的で、施設案内などにおいてもそこに人材を配置せずしてスムーズに誘導をすることが可能になります。

デジタルサイネージに5Gを活用するときの課題

デジタルサイネージは今後、様々な分野で活用されることが予想されていますが、その市場は2025年に向けて3186億円に上るとされています。一方5Gの普及で、リアルタイム映像の配信や高解像度の映像配信、ターゲット広告などが可能になってくるとともに、新たに生まれてくる下記のような課題を解決しなければなりません。

・需要との兼ね合い

一部では、モバイル端末において、2020年を迎えても5G対応端末を利用している人の割合は数%にとどまるのではないかという意見もあります。

普及が進まないのではと見られている理由の1つは、5Gが普及すれば4Kや8Kを利用したライブ映像コンテンツなどが楽しめるようになるとアナウンスされていますが、はたしてそれらをデジタルサイネージに活用することに対するニーズがどれだけあるのかは未知数だというところです。リアルタイム映像や高解像度の画像を必要としない場合などもあるかとおもいますので、まずは設置場所に対する利用用途を明確にするなどの課題を解決する必要があります。

・インフラ整備

現在、大手の携帯キャリアなどが順次5Gの利用開始に向けて整備を行っています。 デジタルサイネージを利用する際は、安定した通信環境が必要ですので、5G対応のデジタルサイネージを設置する場合、それに対する通信インフラの整備を行う必要があります。

まとめ

実際、今夏開催の東京オリンピックにむけて5Gを利用したデジタルサイネージの実用化は進められています。

デジタルサイネージは今後、5GやAiを活用することで、1方向からの情報発信だったものがコミュニケーションツールとして進化していくことでしょう。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。