1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. アフターコロナは売り上げ倍増のチャンス!?飲食店が今からしておくべき対策とは
SIGNAGE COLUMN

アフターコロナは売り上げ倍増のチャンス!?飲食店が今からしておくべき対策とは

コロナウイルスの影響で多くの飲食店ではお客の来店数が減ったことにより、テイクアウトサービスを開始したり、ウェブサイト、SNSなどの運用を開始したりしている店舗様もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在、テイクアウトサービスをしてもなかなかお客が来ないと感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、アフターコロナではこれまで外出自粛で外食ができなかった分、多くのお客が飲食店に押し寄せるといったことが考えられ、売り上げや来店数が倍増する可能性もあります。 しかし、来店数が多いと客席数によっては待ち時間の関係でお客が他の飲食店へ流れてしま うといったことも考えられるでしょう。

そこで、今回はアフターコロナに向けて飲食店が備えておきたい『アフターコロナ売り上げアップ対策』について解説してまいります。

ウィズコロナで需要が高まったテイクアウトサービス

尤も、このコロナ禍で飲食店が新しく取り入れたノウハウのひとつは『テイクアウトサービス』です。テイクアウトサービスはこれまでしてきたことがないといった飲食店でも、取り入れたという例は多くあるのではないでしょうか。

実際に、株式会社シンクロフードが行った『テイクアウト・デリバリーの対応状況に関するアンケート調査』では、 ・コロナウイルスの影響で売り上げが激減下飲食店は約8割 ・テイクアウトサービスやデリバリーを強化すると回答した飲食店は約半数以上 という結果になりました。

店内で食事をするお客が減っている現在、テイクアウトやデリバリーが店の売り上げを立てる重要な施策となっているということは間違いありません。また、同調査におけるテイクアウトサービスについての詳しい質問に関しては、 ・テイクアウト販売を行っている飲食店:51.4% ・テイクアウト販売を行っていないが準備を進めている飲食店:12.5% ・テイクアウト販売を行っていないが検討中:19.6% という回答が得られたということです。

このようなことから、コロナウイルスの影響によってテイクアウトやデリバリーなどの需要が増え、それらのサービスを強化する店舗が増えたといえるでしょう。

アフターコロナの売り上げ倍増のためにしておきたい対策

現在はコロナウイルス対策として、テイクアウトやデリバリーを行っていたとしても、やはり実際の来店数が減ったことで飲食店の約8割はコロナウイルスの影響で売り上げが激減しています。 どの飲食店も、アフターコロナでは落ち込んだ売り上げを取り戻したいと思っていることでしょう。そこでここからはアフターコロナに向けた売り上げ倍増のための対策について解説してまいります。

アフターコロナは来店数倍増の可能性も

アフターコロナの飲食店への需要として1つ予想できるのは、緊急事態宣言が解除され、ワクチン等が出てきた段階で、一気に飲食店への来店数が増えるということです。というのも、緊急事態宣言が発令されてからの数か月、我々は日々の外出にも気をつかわねばならず、外食はもちろんのことGWに旅行へ行って各地のおいしい飲食店を訪れるといったことさえももちろん許されませんでした。 そうした、ストレスともいえる状況の反動から、多くの人々が外食したり、旅行して旅行先の名物飲食店などに訪れる可能性が大いにあるということです。

そうすると、飲食店ではどういったことが起きるのかというと、来店客が倍増したことにより、席が足りなくなったり、混んでいるからといって他の店にながれたりと取りこぼしがあるかもしれないというわけです。要は、コロナで落ち込んだ売り上げを回収しようと思っても、要は機会損失をしてしまうということになります。 ですので飲食店側は、回転数をあげるための施策、混んでいるときの待ち時間対策などを行う必要があります。

テイクアウトのノウハウをアフターコロナにも活用

取りこぼしをなくすための施策として、有効的な施策はコロナウイルス対策として培ったテイクアウトのノウハウをアフターコロナにも利用するということです。

もしかすると中には、緊急事態宣言が解除されて、客足が戻ってきたらテイクアウトは廃止しようという考えの飲食店もあるかもしれませんが、テイクアウトのノウハウや、テイクアウトのために購入したパックや袋などの必要材料はきっと余っているはずです。

特に、客足が戻ってきたからといって、従業員を採用したり、客席を増やしたりするにはコストがかかってしまいます。ですので、コロナ騒動が終わればきっぱりとテイクアウトサービスを廃止してしまうのではなく、待てなかった人がお持ち帰りすることができるようにすれば、もし客席が空いていなかった場合でも取りこぼしを少なくすることはできるようになるでしょう。

テイクアウトサービスにはデジタルサイネージを活用しよう

と、こうしたテイクアウトサービスの対応も合わせてしていかなければならないということで、来店客の対応、配膳、調理などと合わせると、逆に回転率が下がってしまうという懸念もあります。 そこでおすすめしたいのがテイクアウト専用のタッチパネル、いわゆるデジタルサイネージを導入するということです。

テイクアウトにデジタルサイネージを活用するというのは

テイクアウト専用に、デジタルサイネージを活用するというのは、要するに、お客がサイネージ上に映されたメニューをみながらタッチパネルで操作し、無人で注文を行うことができるということです。 合わせてQR決済やクレジット決済などであればその場で決済ができ、且つ、その注文内容はサイネージと同期したシステムでリアルタイムで厨房に共有することもできます。 券売機と同じような扱いと思っていただければ分かりやすいでしょうか。

テイクアウト専用のデジタルサイネージを設置することで、店内が満席であったとしてもテイクアウトが簡単にできるようなシステムが目の前にあれば、お客としては他の店を何件か回るよりもよほど早く食事をとることができるようになるわけです。そして飲食店側もそうしたお客のニーズを取りこぼすこともありません。

特にサイネージは、通常の紙媒体のポスターよりも訴求力が高いと言われております。LEDを使用しているため、視覚にも訴えかけやすく、また動画コンテンツを活用することでよりお客に料理の魅力を伝えることもできます。 紙媒体のポスターはもちろん1つの内容しか伝えることができないものの、デジタルサイネージは、紙媒体のポスターと同様ほどのスペースでいくつもの情報を放映することができる点もメリットであるといえるでしょう。

ですので、タッチパネルを操作している人がいないときは、料理中の動画を放映したり、人気商品や期間限定の商品のCMを放映したりして興味を促すことができます。

すき家が行っている例をご紹介

実際に、牛丼チェーン店『すき家』がテイクアウト専用のタッチパネルを導入しています。 入口付近やレジ付近に専用のタッチパネル端末が設置されており、お客はそれを利用して注文メニューを選択し、注文票を印刷したらその注文票を持ってレジに支払いをしに行くという流れになります。

店舗の店員側の意見としては、迷いながら持ち帰りの注文をしているお客がいるとイートインのお客の会計を待たせてしまうこともあったものの、タッチパネルを導入してからは、注文票をもってお支払いをするようになりますので会計の回転率が上がったといいます。 また、店員の拘束時間も大幅に減少したということです。

お客としてはゆっくり注文することができ、店員側としては回転率を上げることができるメリットがあるといえるでしょう。

広告枠として副収入も得ることができる

中には、動画配信ができるとはいえテイクアウトを分けるだけなのであれば、わざわざデジタルサイネージにする必要はあるのかという意見もあるかもしれません。 ところが、デジタルサイネージは先ほども申し上げたように紙媒体より高い訴求力を持つため、広告に効果的です。そうすると、周辺の小売店など、飲食をした後に来店できそうなお店の広告をデジタルサイネージで放映することで、広告枠として副収入を得ることもできるようになります。

自店舗の宣伝のみならず、他店舗との協力で地域活性化にもつなげることができるようになるでしょう。

まとめ

今回は、コロナ対策で培ったテイクアウトノウハウをアフターコロナに利用して、売り上げアップを図る方法について解説いたしました。 デジタルサイネージは『電子公告』という印象から、街中や商店街などで動画を流しているイメージであるという方もいらっしゃるかもしれませんが、実はテイクアウト専用のタッチパネルとして利用することで、機会損失を防ぎ、売り上げアップにつなげることもできます。

また、周辺施設の広告枠として活用すれば、副収入も得ることができるようになるでしょう。 デジタルサイネージの導入にご興味のある方はぜひサイネージモンスターまでお問い合わせください。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。