1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 美容室におけるデジタルサイネージの活用法【サイネージ動画でオプションサービスをお客様に訴求】
SIGNAGE COLUMN

美容室におけるデジタルサイネージの活用法【サイネージ動画でオプションサービスをお客様に訴求】



美容室やヘアサロンにおける集客やリピート率向上のための顧客満足度の向上など、美容室・ヘアサロン経営者は美容技術を磨く以外にもすることは山ほどあります。すでに固定客がついて独立されるパターンが多い美容業界ですが「新規顧客獲得」「リピート率向上」という課題は常に考える課題なのではないでしょうか。デジタルサイネージは美容室におけるこの2つの大きな課題に解決策として利用いただけます。

今回は美容室・ヘアサロンにおけるデジタルサイネージの活用法についてご紹介したいと思います。

美容室・ヘアサロンにおけるデジタルサイネージの活用方法として具体的には

  • ・新規顧客獲得のための店頭看板としての利用
  • ・施術前のヘアスタイルの確認ような利用方法
  • ・美容・ヘアケア商材の紹介メディアとしての利用

があるかとおもいますが、早速これらについて一つ一つご紹介してまいります。

新規顧客獲得のための店頭看板としての利用



美容室・ヘアサロンでデジタルサイネージ(デジタル看板)が利用されているのは新規獲得のための店頭看板として利用されていることが多くあります。理由としては、サイネージ看板であると動的に店舗内のメニューや雰囲気を外に伝えることができるためです。

美容室などは店舗のコンセプトなどによって、装飾を極力抑えたものや入口の雰囲気などが敷居が高い場合などがあります。そのため路面店であったとしてもなかなか新規来店を見込むことが難しい場合があります。

そんなときに利用できるのが、デジタルサイネージです。

サイネージでは、画像を切り替えてサロンメニューを表示できるだけでなく、店内写真やスタッフなどの顔写真等も掲載することができるので、入口で立ち止まる新規見込み顧客に対して店内の雰囲気を伝えるツールとして利用いただけます。また動画も掲載することができるので、動画でのイメージ訴求なども可能になります。

また動的に動くので、視覚的に気づいてもらうことが可能で、

  • ・注意を引く(潜在顧客への訴求)
  • ・興味の意識づけ(見込み顧客への訴求)
  • ・キャンペーン訴求(見込み顧客への訴求)

といったことも可能になります。

ホームページやホットペッパービューティなどからの訴求などもありますが、路面店である場合には路面店の強みを生かした訴求が必要になってきます。またガラス張りで店舗内が見えるといった店舗でも施術メニューが店舗外に表示されていれば入店する心のハードルが下がるはずです。

店内での待ち時間中にスタイル検討用として

人気店舗であれば予約していたとしても少し状況によって待ちになってしまう場合があります。また新規での来店の場合は、大抵の場合待ち時間が発生してしまいます。これらの待ち時間に活用できるのが店内サイネージなのです。

通常であれば、待ち時間に美容室で行う行動としてはヘアカタログや雑誌などをみて時間をつぶしたりスマホをいじったりして時間をつぶしています。

店内にもデジタルサイネージがあれば、AR機能を搭載したインタラクティブ型のデジタルサイネージで検討中のヘアスタイルを自分の映像と当てはめて確認することができます。

また待ち時間ではなくとも、最近ではミラーサイネージというものがあり、鏡の役割とサイネージの役割を2つしてくれるものがあります。

鏡を介してのお客様との対話になりますが、サイネージに表示される希望の髪型などを同じ目線で比較することができたり、カラーリングなどもARアプリなどを利用して似合う色を一緒に検討していけるようになります。

このようなユーザー体験は、美容師任せにしているだけでなく一緒に髪型・ヘアスタイルを作り上げるというものになり満足度をあげることが可能です。

オプションサービスや美容関連商材の広告としての訴求も可能

美容室の顧客単価を上げる方法として、オプションサービスの追加や美容関連商品の販売などになります。

熟練の美容師やコミュニケーション能力にたけている美容師であれば、問題なく追加のオプションサービスへの誘導トークや美容関連商材の販売なども行うことができますが、新人美容師であればなかなか訴求は難しいところです。

そこで店内におけるサイネージ表示によって、お客様から自然と追加オプションサービスや美容商材についての話題を振っていただくことが可能になります。

店内におけるオプションサービスについて知らない方の方が多いのではないでしょうか。そのためよく鏡前あたりにポップでサービス内容や価格が表示されていますが、文字だけではイメージしにくいものです。しかし、映像でヘッドスパをして気持ちよさそうにしている映像やヘッドスパの特徴をミラーサイネージや店内のサイネージのスクリーンで流されていたらどうでしょうか?

Facebook広告データの比較

こちらのデータによると、Facebookにおける広告に対するマーケッターの意識調査ですが、調査対象のマーケッターの60%が画像よりも動画のほうが広告に対するエンゲージメント、つまりクリックが高いという回答をしています。その理由として動画の方がコンマ数秒ユーザーの目に留まる時間が長いからだとしています。

実際に、私たちも風景を見ている中で動くものが見えた場合にはそこに視線が自然といってしまいます。つまり動かないものよりも何かしらの動きがあるものがよりユーザーの視線・注意を集めることができるということです。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。