1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 【新型コロナ対策】非接触検温はデジタルサイネージで実現!
SIGNAGE COLUMN

【新型コロナ対策】非接触検温はデジタルサイネージで実現!

新型コロナウイルスの猛威は、日に日にばかりで不安な毎日が続いています。 テレワークを取り入れた企業や時差出勤などを実施している企業等も増えたのではないでしょうか。
また、各種店舗や施設、公共交通機関においては、入店、入室する前にスタッフによる検温も実施されています。 そんな新型コロナウイルス感染拡大防止対策として取り組まれている『検温』活動に限っては、 スタッフが直接お客の額に体温計を当てて検温するということも多い為、接触機会を増やしてしまうことになりかねません。
そうした中、Aiカメラとデジタルサイネージを利用した非接触の検温が広がってきています。本記事では 最新テクノロジーを駆使した新型コロナウイルス感染防止対策と、検温活動について詳しく解説して行きましょう。

新型コロナ対策で検温実施が当たり前に

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環として、マスクの着用を徹底させたり、テレワーク、時差出勤などの 様々な対策が取られています。また、検温を実施するケースも増えてきていると言えるでしょう。
実際に、LINEリサーチの調査によりますと、職場における新型コロナ対策の現所は下記のようになっています。 http://research-platform.line.me/archives/34978692.html 3月、2月の調査に比べると、すべての項目において対策が強化されていることがわかり、 上位は『マスクの着用の推奨/義務付け』が最も高く6割となっています。 次に、『手指のアルコール消毒用品の常備』が約6割弱となりました。さらに、今回3割以上かつ、前回に比べて2倍以上の増加率だったのは、『出社前の検温の推奨/義務付け』(前回16%→今回42%)です。
37.5℃以上の発熱が新型コロナウイルスの主な症状の一つであり、感染を食い止めるための指標であることから施設等へ入館する際に限らずオフィスへの出勤時にも実施されるようになってきていることがわかります。
今後は様々な施設で感染拡大やクラスター発生を防ぐためにも消毒やマスク着用の義務付けなどはもちろんのこと、検温の実施が当たり前になっていくのではないでしょうか。

Aiカメラとデジタルサイネージで非接触検温

とはいえ、現在行われている検温の多くは、スタッフがお客の額に直接体温計をかざして体温を図る方法です。一瞬ではあるものの、多くのお客と接触することになる検温スタッフにとっては、リスクともなりかねません。
そうした中Aiカメラとサーモグラフィーを使った検温が話題となっており、サーモグラフィで検知された体温を、デジタルサイネージに映し出して一度に数十人もの体温を視覚化して検温することができるシステムなども開発され始めました。

Aiカメラとサーモグラフィ


そもそも、Aiとは、機械学習により異常を検知したり、検知した異常を人間にアラートを流したりすることができるテクノロジーです。他にも様々な活用法はありますが、ここでは異常検知として利用されます。
要は、Aiがサーモグラフィーで検温した人間の体温に対して、37.5度以上などの異常体温を検知した際に、アラートを流すことができるというわけです。 デジタルサイネージなどの液晶モニターの上にAiカメラを設置することで、デジタルサイネージで簡単に確認をすることができますし、お客も安心して施設に入ることができます。
Aiカメラが検温をすることで、ヒューマンエラーを防ぐといったことにもつながるでしょう。

Aiサーモグラフィによる検温の特徴

体表面温度が測定可能なサーモセンサーカメラ付きデジタルサイネージを店舗・オフィスの出入口などに設置し、 事前に設定された温度を基準に、その上下を判別します。新型コロナウイルスの場合は、37.5℃異常の発熱が指標となっていることから、37.5℃異常を基準とする場合が多いのではないでしょうか。その、設定温度以上の入場者に対しアラートを表示し、検温等を促し、ウイルスの感染拡大リスクを抑制します。
お客がカメラの前を通るだけで自動的に検温ができる形となりますのでスタッフが1人1人に検温を実施する必要もありません。

Aiデジタルサイネージによる非接触検温のメリット

では、Aiデジタルサイネージによる非接触検温は実際どのようなメリットがあるのでしょうか。

お客との密を防ぐことができる

どうしてもスタッフが1人1人のお客に対して検温を実施するとなりますとお客との距離が近くなってしまいがちです。もともとコロナウイルスの感染拡大を防ぐためには人と人との距離を2メートル程開けなければならないとされていますが、スタッフによる検温の場合は2メートルの幅を開けることは当然難しいので、密になってしまいます。
その点、Aiカメラやデジタルサイネージを利用した非接触検温であれば、スタッフがデジタルサイネージに映し出されたサーモグラフィを確認するだけで検温ができるようになりますので、お客と密接になる危険性がありません。

ヒューマンエラーを防ぐことができる

どうしても額での検温ですと、正確性に欠ける可能性があるでしょう。額のみが冷たい方、事前に額を冷やしていた方、色々理由は考えられるでしょうが、だからと言って1人1人脇下で検温をするには時間がかかってしまうわけです。
その点、Aiカメラとサーモグラフィーによって全身の温度を一度に可視化できることで、ヒューマンエラーを防ぐことができるというメリットもあげられます。

デジタルサイネージに映し出すことで他のお客も安心できる

また、デジタルサイネージに他の人の体温も映し出されることで、安心感を得ることもできるでしょう。仮に異常体温の方がいた場合はアラートですぐに退出を促すことができますし、可視化されることで、安心できるというメリットは大きいです。

Aiデジタルサイネージによる非接触検温のデメリット

とはいえ、デジタルサイネージによる非接触検温にもデメリットは存在します。

逆に非効率になる場合も

仮にスタッフが検温を実施していて異常体温の方がいた場合はその場ですぐに退出を促すことができますが、デジタルサイネージやAiカメラから異常のアラートを受け取ってからスタッフが動くとなると逆に非効率になる可能性もあります。 デジタルサイネージの前には結局は人が滞在していなければならないという点がデメリットであると言えます。

カメラにきちんと映らなければ正確に検温できない

また、検温はAiカメラとサーモグラフィで行っています。しっかりとカメラの前に立たなければ正確な体温を図ることができないという可能性もあるかもしれません。 利用方法については、的確なルールを定める必要があるでしょう。

まとめ

猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大ですが、未だ収まりそうにありません。 もうすぐお盆休みとなり、お出かけの予定を立てている方も多くいらっしゃることが予想され、店舗や施設においてはこうした感染拡大防止対策が必須となります。
ただし、来客者が多ければ多いほどに、検温活動はスタッフの重荷ともなりかねませんので、Aiカメラやデジタルサイネージを利用して効率的に検温ができるシステムの導入を考えても良いかもしれませんね。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。