SIGNAGE COLUMN

DXとしてのデジタルサイネージの導入

近年、世の中の動きがデジタル化を突き進む中、あらゆる面で社会環境の変化がもたらされています。IoT(モノのインターネット)・ICT(情報伝達技術)・ Ai(人工知能)などの単語も浸透しつつあり、世の中の変化を感じることはありませんか? また、こうした動きが活発になるにつれ、会社や企業などでも、デジタルを取り込むことで、これまでとは違ったワークスタイルも生まれています。 そこで今回は、このデジタル社会において、経済産業省が新しい戦略として掲げられているDX(デジタルトランスフォーメーション)の詳細・重要性、また、同じくデジタルによって注目されているデジタルサイネージ(電子看板)、この二つのとの関係性などを言及してまいります。

DXとは

そもそも、DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、経済産業省が2018年に推薦しているものでもあり、そこから徐々に日本でも浸透してきました。 経済産業省のガイドラインによる、DX(デジタルトランスフォーメーション)の定義では、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズをもとに、製品やサービス・ビジネスモデルを変革するとともに、業務やその物や組織・プロセス・企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とあります。 また、DX(デジタルトランスフォーメーション)は、元々2004年にスウェーデンの大学教授『エリック・ストルターマン氏』によって「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と、提唱されたものです。

つまり、それぞれの会社や企業において、積極的にデジタル化を推進していく事こそが、今のビジネス社会において業務や・組織・企業文化に良い影響をもたらし、これをまた、ビジネス全体としてDX(変革)化することによって、国内外での優位制を確立させようということです。

DXの重要性とは

ではなぜ、DX(デジタルトランスフォーメーション)が重要視されているのでしょう。今の情勢を例にとりご紹介していきます。

コロナウィルスの影響

近年では、まさにコロナウイルスの影響によって、人々が外出しなくなり、各国の産業活動にも大きな打撃を受けています。勝ち残る企業は柔軟な対応で切り抜け、これまでよりも更に勢力を伸ばしていきます。

また、そのような中で人々の生活様式も一変し、「必要なもの・必要でないもの」とをはっきり区別することにより、ビジネススタイルにも大きな変化をもたらしました。例えば、これまでオフィスで仕事をしていたスタイルが、テレワークに変更した事で、「オフィスにいかなくても仕事ができる」と新しい価値観が生まれました。徐々にこの新しい価値観も広まっています。これがまさにDX(デジタルトランスフォーメーション)であり、私たちは改革の真っ只中にいるのです。そして、今後も更にデジタル化が加速していく事は間違いないでしょう。

モノづくりのデジタル化

これまでも製造業などにおいては、人件費削減を目的にデジタル化を進めてきました。モノを作る工程の中では、いくつかの国や地域をまたいで製造が行われています。しかし、これでは人件費削減には程遠く、自動化やIOT(モノのインターネット)を適用し、1つの地域でモノづくりを完成させる動きが出てきています。

また、日本では「現場」「現物」「現実」を重視する三現主義という考え方が広まっていましたが、ここでもまた、コロナウィルス感染症の流行で、これまでのような考えでは太刀打ちができない状態が続いています。従って、早い段階でのIOT環境の整備が望まれており、モノ作りにおいてもDX(デジタルトランスフォーメーション)が急がれています。 このように、環境が変わりゆく中で、デジタル化を推進していく事は必要不可欠だとし、多くの会社や企業は、DX(デジタルトランスフォーメーション)を重要視しているのです。また特に日本は、デジタル化が乏しく他国に遅れを取っている現状です。こうした中、遅れをとらない為にも、DX(デジタルトランスフォーメーション)は避けては通れないものとなっています。

DXとデジタルサイネージの関係

先程、DX(デジタルトランスフォーメーション)について説明致しましたが、次にデジタルサイネージについても少し触れていこうと思います。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、その名の通りデジタルで作られた電子看板です。従来は紙媒体のポスターが圧倒的だったのですが、デジタルの進化に伴い動画や画像による電子看板が増えてきています。例えば、飲食店の店頭の前を通ると、美味しそうなお肉の画像やデザートなどを放映し、宣伝しているものです。

通常は、主に電子看板として活用されているものが多い中、会社や企業内で設置されたり、その他、イベントの際に美しい画像を放映し空間演出として異次元の世界を作り出したり、これまでにはない活用方法を創出できる電子媒体でもあります。 中でも、Ai(人工知能)が導入されたデジタルサイネージは、その代表でもあります。また、進化したままではなく、進化をし続けることができることで、DX(デジタルトランスフォーメーション) と似ている部分もあります。

DX×デジタルサイネージ

先にデジタルサイネージについてご紹介しましたが、つまり、DX(デジタルトランスフォーメーション)と、デジタルサイネージの共通点でもある、「新しい改革を創出できる・し続ける」といった部分でも、話題性は十分にあり、デジタルサイネージをDX(デジタルトランスフォーメーション)させることによって、多くの会社や企業の中で『競争上の優位性を維持する』といった課題に取り組みやすくなる上に、順応性といった一面も兼ね備えています。

デジタルサイネージの設置でできるDX

先にも述べたように、デジタルサイネージのDX(デジタルトランスフォーメーション)の代表格として、Ai(人工知能)を上げましたが、その他、ディスプレイパネルの進化や5G(第5世代移動通信システム)を導入したものもあります。このような技術を取り入れることで、活用の領域や機能も大きく変化します。では、早速デジタルサイネージの設置でできるDX(デジタルトランスフォーメーション)を、以下3つご紹介致します。今回は、広告を例にとりご紹介していますが、応用することで自社独自の取り組みを生かすこともできますので、ぜひ参考にご覧下さい。

Ai(人工知能)の導入で広告が劇的に変わる

一つ目は、「Ai(人工知能)の導入で広告が劇的に変わる」です。広告はその場を通りかかった人が見るものですが、実際は誰が見ているかは把握することができず、設定された広告のみの配信でしたが、Ai(人工知能)を導入することで誰に向けた広告なのかを、見ている側にはっきりと伝えることができるのです。 どういうことかというと、例えば、20代の女性が通りかかったとします。すると、Ai(人工知能)が自動でその人の性別から年齢といった、人間が第一印象で認識するかのように判断し、その人に合った広告を配信します。 この場合は、メイクコスメの商品紹介を配信し、更にスマホで取得できるクーポンまでも配信されます。「自分に向けた広告なんだ!」といった感覚を持つ事で、楽しく広告を見ることができます。これなら実際に通るとどのような広告が配信されるのか、試してみたくなりますね!

このように広告さえも、デジタルと融合することで、エンターティンメント性に溢れたものを造り込む事が可能なのです。時代の流れやお客のニーズによって内容を変更し、いつでもDX(デジタルトランスフォーメーション)させることができるのも、デジタルサイネージの魅力の一つでもあります。

現実の世界と広告の境目がない

二つ目は、「現実の世界と広告の境目がない」です。六本木駅の大江戸線ホームに設置されたデジタルサイネージの画面内に、モデルさんの姿が映り込み、商品の広告をしています。 一見、普通の広告なのですが、ホームに電車が入ってくると同時に、モデルさんの髪やスカートが電車の風圧で揺れ始めます。 これは、電車の通過時刻に合わせて髪やスカートが揺れる設定をあらかじめ行っています。まるで、現実世界と一体感持っているようで、つい見たくなります。

このように、リアルタイムで外部との情報をリンクしたデジタルサイネージによる広告を「DDOOH=ダイナミック アウト オブ ホーム」と呼ばれています。 この技術を利用することで、広告に限らずさまざまなシーンで活用することができるのではないでしょうか?その場、その場の状況に合わせる事ができるので、DX(デジタルトランスフォーメーション)のきっかけを作ってくれるでしょう。

まるで飛び出して見える透明LED

三つ目は、「まるで飛び出して見える透明LED」です。透明LEDとは、特殊な技術を用いて、透明なディスプレイに映像を映し出すことができる、デジタルサイネージです。通常のパネルは向こう側が見えることがないのですが、このディスプレイはパネルが透けて見えるため、画像や映像を空間に書き込んでいるような感覚を持ちます。一方で全く違った技術を利用した「3Dphantom」という、LED光源がライン状についたブレードを高速回転させた、光の残像によって映像を映し出すホログラムディスプレイもあります。

こちらも魔法のように浮かんで見えると話題を呼びましたが、透明なパネルを利用することで、展示会などの特別なプレゼンの際も、指でディスプレイを自由に動かしながら商品をアピールすることが可能です。 空間をいかに美しく表現できるかによっても、これまでにない商品価値を感じることもできます。本物と創り込んだ空間をmixさせることで、異次元の世界さえも表現できます。 こうしたパネルの進化を利用し、時代に合わせた表現の仕方で経営戦略に役立てるのも良いでしょう。

以上の3つをご紹介しましたが、デジタルサイネージは、5G(第5世代移動通信システム)を生かし、天気によっても広告を変えることも可能です。人々の生活と一体化させることで、日々のDX(デジタルトランスフォーメーション)から始めてみるのも良いでしょう。

まとめ

1990年代は「ビジネスプロセス・リエンジニアリング」と呼ばれ、『ビジネスプロセスを根本的に見直し、改善すること』がビジネスシーンにおいてのテーマでした。これが2000年以降、デジタル技術も大きく進化を果たし、近年では『DX(デジタルトランスフォーメーション)』とした、デジタル社会での生き残りを図る取り組みに変わっています。 また、時代も移り行く中で現在では、デジタルを取り入れながらいかに人々の生活に合わせた柔軟な対応ができるか同時に求められています。 企業や会社内でも人事や社内環境が変わるように、常に「変革」を意識し、これからの時代に合った取り組みを行う努力必要とされるでしょう。 本記事内では、併せてデジタルサイネージをご紹介しましたが、デジタルサイネージの気になる特徴なども踏まえ、ご相談やお悩み等がある方は是非一度何かありましたらサイネージモンスターまでお問合せ下さい。

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。