1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 金融機関においてのデジタルサイネージ活用法は?
SIGNAGE COLUMN

金融機関においてのデジタルサイネージ活用法は?

近年至る所に設置され活用されているのが電子公告、いわゆるデジタルサイネージですが、 飲食店や小売店だけでなく、銀行や証券、保険などの金融機関においても設置や利用が始まってきています。

特に先行して導入した金融機関では、店舗の外装壁面では金融情報を流す大型ビジョンを、店舗内には利用者が待ち時間などに自然と目に入る広告を配信するデジタルサイネージを設置し、高いPR効果を発揮しているそうです。

今回は、金融機関でのデジタルサイネージ活用法と、そのメリットデメリットについて詳しく解説していくことにしましょう。

金融機関でのデジタルサイネージ活用法は広告PRだけじゃない!

まずはじめに金融機関でのデジタルサイネージ活用法について見ていきたいと思います。どんな施設でもデジタルサイネージの活用法なんて変わらないのではと思っている方、実はそうではありません。 それぞれの施設に最適な活用法があるからこそ、デジタルサイネージは各所で活用が広がってきているのです。

サービス案内、PR広告配信のためのデジタルサイネージ

まずはもちろん金融機関内の情報配信、PR広告配信の際の利用があげられます。金融機関には、世界の金融情勢などリアルタイムで変化する情報がたくさんあります。それを店舗の外装壁面に設置したデジタルサイネージや、店舗内に設置したデジタルサイネージで配信することで、今まさに何が起こっているかタイムリーな情報を利用者に提供することができます。即時性が勝負の金融界において、利用者が必要とする最新情報をデジタルサイネージで配信することは、他金融機関にも大きな変心ポイントを与えることとなるでしょう。

それだけでなく、ATMの利用において一人ひとりの利用者に向けてパーソナライズを行ったり、館内情報を提示したりして活用することも可能です。

デジタルサイネージで地域情報配信

地方銀行などは、特に地域住民の利用者が多く訪れることが予想されます。特に、金融機関においてはATM、窓口、保険など割と待ち時間が長いのも利用者にとってネックな部分であるといえるでしょう。その待ち時間を有効的に活用してもらうための手段として選ばれるのがデジタルサイネージです。

経済ニュースをストリーミング放送したり、他にも楽しいコンテンツや地域の情報、ニュースなどをお知らせしたり、利用者のニーズに合わせたサービスを表示したりすることで、『待ち時間が長い』という印象を和らげることができます。

特に、同様に長時間屋内に滞在することが考えられるスーパーなどでも実践されている例がありますが、『天気予報』や『災害情報』などリアルタイムの屋外情報を配信するのも活用法として有効的であるといえるでしょう。

お呼出し番号の表示もデジタルサイネージで

金融機関では、整理券番号を配布して番号で受付者を呼び出すのが一般的ですが、高齢者や奥の方に座っている利用者には、声かけが届かない場合もしばしばあるのが現状です。マイクで放送をしても周りの音にかき消されてしまうといった経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。 そうしたお呼出し番号を、天井付近に設置したデジタルサイネージでお知らせをすることで視覚からも訴えることができるようになります。

金融機関でデジタルサイネージを導入する3つのメリット

金融機関でのデジタルサイネージの活用は主に上記のようなケースが考えられましたが、実際にはデジタルサイネージを導入することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

・各金融機関への好感度アップ

金融機関に興味を持つユーザーは銀行やローンプラザ等の金融商品やサービスに興味のある人はもちろん、具体的なサービスに興味がなくても、世間の金融情報をもとに情報収集をしたい人もいます。金融商品やサービスを購入、契約するのはたいていの場合慎重に行われますので、情報取集の段階の人は多いことが予想されます。 その情報収集において、各店内のデジタルサイネージで商品やサービスを配信すれば、カタログや資料よりもわかりやすく伝えることができ、認知や関心の度合を高めることができます。そうした広告が、広告という概念を越え『お客に寄り添ったサービス』として好感度をアップすることも期待できます。

顧客の利便性向上

それから、先ほどの好感度アップの部分にも付随してきますが、タッチパネル式のサイネージを利用すれば、インタラクティブな情報提供ができるため、顧客の利便性向上につながります。情報は鮮度が重要だとよくいわれ、ユーザーが求めている情報を如何にリアルタイムに提供するかが需要です。 デジタルサイネージであればターゲットに合わせて広告の配信内容を柔軟に変更することができるので便利です。

施設内の動線誘導も可能

1台のサイネージがたくさんの役割を持つことができるのもデジタルサイネージのメリットの一つでもあります。というのも、『この時間はこの年齢層をターゲットにした広告を配信』というスケジュールを決めることができたり、『顧客が画面をタッチすることで求めている情報をダイレクトに配信』することができたりする上に、非常時には画面を切り替えて避難誘導に使うこともできます。非常時だけでなく、『施設案内』の画面表示をタッチさせることで、誘導画面に切り替えることも可能です。

金融機関でデジタルサイネージを導入するデメリット

金融機関でのデジタルサイネージのメリットは上記のようなものが主にあげられました。しかし、メリットだけではありません。 金融機関という特に個人情報を扱う場であるからこそ、こうしたインターネット通信を必要とするものを導入するとなると利用するネットワークを社内のものと分けたりする必要があったり、それらの設備を整えるために膨大なコストがかかったりする場合もあるからです。

とはいえ、金融機関は情報の流れが速いぶん、それに合わせたお客への情報提供はサービスの1つとして考えても良いでしょう。保険や証券の分野においては新規顧客につながる場合もありますので、多少初期費用がかかろうとも将来収支が合うことを見越して導入するのが良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、金融機関におけるデジタルサイネージの活用法と、メリットデメリットについてまとめました。

今やスマホから片手で情報を簡単に入手することができるようになった分、世の中にあふれる情報量も莫大な量となっています。その情報を如何に取捨選択するかが今後の情報社会を生き抜くうえで重要となってくるわけですが、その選択手段の1つは『信用性』や『正確性』です。 証券や保険、ローンなどの金融に関する情報はスマホで調べるネットニュースよりも、各金融機関が公式で配信している情報が何よりも正確で信用性があることをユーザーはわかっています。だからこそ、デジタルサイネージを利用して、正確且つ信用性のある情報をリアルタイムに配信することが重要といえるわけです。

金融機関にデジタルサイネージ広告の出稿をご検討の方はぜひ一度弊社までお問い合わせくださいませ。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。