SIGNAGE COLUMN

インタラクティブ型デジタルサイネージとは!?活用方法と基礎知識について

デジタルサイネージと一口にいっても、デジタルサイネージにはいくつかの種類があります。 顧客がタッチパネルを利用して操作ができるもの、デジタルサイネージをインターネットに接続することで複数のサイネージを一括管理したり、遠隔操作ができたりするものなど、様々にあり、デジタルサイネージを導入する際は自社にどのタイプが合っているのかを検討してから導入しなければなりません。

そこで本記事では、デジタルサイネージの中でもまざまなテクノロジーと融合して新しいサービス提供を可能にする『インタラクティブ型デジタルサイネージ』の活用方法や、インタラクティブ型デジタルサイネージをおすすめする業種など基礎知識について解説をしてまいります。 デジタルサイネージの導入を考えており、どのタイプが合うのか分からないといった方も是非参考にしてください。

インタラクティブ型デジタルサイネージとは

そもそもインタラクティブ型デジタルサイネージとは、直訳すると『インタラクティブ』双方向の相互のやり取りができる『デジタルサイネージ』になります。

一般的にユーザーとのやり取りができるデジタルサイネージと聞くと、『タッチパネル式のデジタルサイネージ』をイメージされる方も多いでしょう。しかし、ここでいう『インタラクティブ型デジタルサイネージ』とは、AiやARなどの最新技術を搭載し、SNSなどを通してスマホと連携できたり、ユーザーがデジタルサイネージに触れずともやり取りができるものを指しています。

具体的には、デジタルサイネージに内臓されたカメラで、デジタルサイネージの前に立ったユーザーの性別や年代を認識し、放映するコンテンツを変更できるものや、動きに合わせてコンテンツを変更できるもの、スマホと連動してミニゲームができたりするものとお考えいただければわかりやすいでしょう。

AiやARなど、最新のテクノロジーを使うことで広告という概念にとらわれず通常のデジタルサイネージと比べてユニークな活躍が期待できるのが、『インタラクティブ型デジタル菜サイネージ』です。

インタラクティブ型デジタルサイネージの活用方法

そんなインタラクティブ型のデジタルサイネージの活用方法は主に下記のような例があげられます。

施設内の案内掲示版

現在、大型施設などを歩いていて道に困ったら、設置されている地図を見るか、インフォメーションセンターで案内をしてもらうかのどちらかの方法を取るのが一般的でしょう。 しかし、地図をみても案内をしてもらっても、理解がなかったりイメージがつきにくかったりしたという経験をした方も少なくないはずです。

インタラクティブ型のデジタルサイネージの場合は設置しておくことで、ユーザーが直接デジタルサイネージに触れ、施設内の案内を検索したり、到着地までのルートを動画で視聴したりすることができるようになります。

また、日常での利用のみならず災害時などの異常時にも利用でき、今まで案内のために必要だった人件費を削減できるというメリットもあります。

ターゲットを絞ったおすすめ商品の提案

Aiを搭載したデジタルサイネージであればデジタルサイネージの前に立った人の年齢を推測してターゲットの年齢層にあったコンテンツを放映することができます。

また、雨が降れば雨具、晴れればレジャーグッズ、夜になればお酒など、その時、その時の環境に対応しながら柔軟にコンテンツを変更することも可能です。 例をあげるとすれば、自動販売機で、前に立つと性別や年代、気温や天気も考慮してその人におすすめのドリンクを案内してくれる物などが有名です。

空間演出としての利用

デジタルサイネージは広告だけではなくて空間演出として利用することも可能です。ARと呼ばれ現実の情報と文字や画像などデジタルな情報を組み合わせる拡張現実という技術を用いてデジタルサイネージの前をとおる人に合わせて映像を切り替えることができるようになります。

せっかくの電子看板なのに空間演出で利用してしまうのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、話題を呼ぶことで集客につながる可能性もあるので侮れません。

例えば壁面だけでなく床にもAR搭載のディスプレイを設置することで、橋の上を歩くときに合わせて橋にひびが入るような映像を合わせてスリリングに見せる演出を行っているものもあります。

スマホやタブレットと連携

スマホやタブレットと連携することでインタラクティブなやり取りができるタイプのインタラクティブ型デジタルサイネージもあります。 このタイプは例えば、スマホやタブレットと連携してミニゲームを行い、ミニゲームの結果次第でクーポンがもらえたり割引券がもらえたりするシステムを構築すると面白いかもしれません。

近年では特に口コミは集客にとても効果的であるといわれている部分もありますので、スマホで簡単に楽しめて、かつオトクなクーポンがもらえるとすれば、話題になり集客につながる可能性もあるでしょう。

SNSと連携

デジタルサイネージを見ているときにスマホやSNSのアプリと連動できるのも、見ている人を巻き込む活用の仕方ができ、注目を集めることが可能です。

見ている人が楽しむためのメリットだけではなくて、AiがSNS上の投稿をもとに広告に関連するデータを見つけ、今後の年齢層にあったマーケティング戦略やニーズをつかむきっかけとすることができるという運営者側のメリットもあります。

インタラクティブ型デジタルサイネージを導入するときの注意点

インタラクティブ型のデジタルサイネージは、設置するとユーザーとのやり取りができるため人件費の削減につながったり、災害時の誘導、ターゲットを絞った訴求ができるので、非常に便利なアイテムです。 しかし、インタラクティブ型デジタルサイネージを導入する際は注意しなければならないいくつかの事項があります。

導入コストがかかる

1つは、AiやAR技術を搭載しているデジタルサイネージですと、他のタイプのデジタルサイネージよりも導入コストがかかってしまうという点です。インタラクティブ型のデジタルサイネージはタッチパネル式のデジタルサイネージを導入するケースが殆どですから、ディスプレイだけでも数十万円のコストがかかる可能性がありますので、注意しましょう。

ランニングコストがかかる

デジタルサイネージに設置にかかるコストは導入時だけではありません。その他電気代や維持費などが必要になってくるため、ランニングコストも必要です。 更にはインタラクティブなコンテンツを柔軟に放映するためにも多様なコンテンツを用意しておく必要もありますので注意が必要です。

設置する場所を検討する必要がある

せっかくインタラクティブ型サイネージを導入、設置しても、人の目につく場所ではなかったり、触ってもらえる人がい無かったりすれば、十分な効果を発揮することはできません。 設置する場所はしっかりと検討する必要があると言えるでしょう。

まとめ

インタラクティブ型デジタルサイネージはユーザーが直接触れたり、参加することができますので、集客に効果や売り上げアップに期待できる可能性があります。 広告としての利用だけでなく、空間演出として利用することで、話題性を高めることも可能です。

とはいえインタラクティブ型のデジタルサイネージは最新技術を搭載している場合が多いですのでしっかりと設置場所や設置用途を明確にしておかなければなりません。 本記事で解説した注意点等を意識しながらインタラクティブ型デジタルサイネージを導入してみてはいかがでしょうか。

サイネージモンスターでも、インタラクティブ型デジタルサイネージの導入に関するお問合せ、ご相談を承っております。お気軽にお問合せください。

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。