1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. デジタルサイネージの効果と可能性
SIGNAGE COLUMN

デジタルサイネージの効果と可能性

大型の液晶ディスプレイを利用して情報を発信するデジタルサイネージ。近年では新しい広告媒体として注目を集めています。駅やショッピングセンター、庁舎などの施設で、案内表示や広告表示がなされているのを目にする機会も増えました。

現在、デジタルサイネージは急速に広がりを見せています。これまでのアナログ看板をデジタルに置き換えることで、手間やコストの削減に繋がります。それだけではなく、動的な表現やリアルタイムの情報切り替えなど、アナログ看板では不可能だった表現も可能となりました。今後さらに普及が進められていくであろうと目されるデジタルサイネージ。今回はデジタルサイネージの効果や可能性について、解説していきたいと思います。

デジタルサイネージと紙媒体の広告との比較

デジタルサイネージは従来の紙媒体と比較すると、表現の幅が広がり効果アップが期待されています。具体的にどのようなことができるのか、一つずつ見ていきましょう。

配信スケジュールを決めることができる

従来のアナログ看板や広告では、一つのボードに伝えたい情報やイメージを表示する必要がありました。掲載内容を切り替える時には、その都度貼り替える必要があったかと思われます。けれどデジタルサイネージなら、柔軟なスケジュール配信を組むことが可能となります。時間帯によって掲示内容を変更したり、リアルタイム情報を反映してコンテンツ内容を急に変更したりすることもできます。

たとえば駅の構内にあるサイネージを例に考えてみましょう。朝の通勤時間は活力アップの商品を、夕方から夜にかけての時間はリラックスできるサービスを映すようにすれば、 より高い広告効果が期待できます。

飲食店では昼時はランチ情報、夜はディナーやお酒の情報を表示することも可能です。また天候などの条件によっても表示内容を変えられるので、従来のアナログ媒体よりも高い訴求力が期待できるでしょう。

飽きのないダイナミックな情報提供が可能

アナログ媒体では基本的に静止画の情報しか提供できませんでした。デジタルサイネージは動画や静止画のスライドショーが使えるので、表現の幅が広がります。さらに環境さえあれば、ストリーミングや音声を流すことも可能となります。

基本的にコンピューターで制御可能なコンテンツはほぼ表示可能となるので、お客様にとって飽きがこないコンテンツ配信が行えますね。結果としてお客様の目に留まる機会が増え、従来よりも高いPR効果が期待できます。

費用対効果について

デジタルサイネージは大きく分けて「スタンドアロン型」と「ネットワーク型」に分類されます。「スタンドアロン型」はネットワークを利用せず、ディスプレイにデータを取り込んで広告を表示するタイプです。 シンプルで導入コストが安く、情報漏洩の心配がないというメリットがあります。

「ネットワーク型」は、ネットワークを利用してコンテンツを表示するタイプです。コストは割高になりますが、簡単に広告の差し替えが行えます。また遠隔操作ができるので、手間が少ないというメリットもあります。さらにネットワーク型には、タッチパネルを使ってユーザーと情報のやりとりができる「インタラクティブ型」も登場しています。

「インタラクティブ型」はもっともコスト高になります。しかしお客様とコミュニケーションが取れるメリットは大きく、費用に見合った効果が期待できるでしょう。たとえばサイネージにクーポンを入手できるQRコードを提示してお客様に読み取ってもらうことで、購買促進や売上アップにつながります。

デジタルサイネージを効果的に運用するには、費用対効果を考えながらどの型を選ぶか検討するのが重要となります。顧客属性に合わせたコンテンツ配信を行い、継続してPDCAサイクルを回していく必要があるでしょう。

デジタルサイネージの効果

次にデジタルサイネージがもたらす三つの効果について解説します。

デジタルサイネージによる販促表示について

デジタルサイネージは省スペースで豊富な情報を提供できます。表示内容を適宜切り替えることで、訴求できる商品・サービスの幅が広がります。さらに周囲の景観と調和し、店内の雰囲気とも一致する販促活動が可能となるでしょう。

通行人を惹きつける動画やスライドショー、音声や音楽の配信など、ダイナミックな映像PRにより認知率が向上します。さらには商品・サービスの質感や色彩も鮮明に伝えることができるので、販売促進としての効果が最大化できるでしょう。

デジタルサイネージによる情報提供について

デジタルサイネージで案内を対応することにより、人件費削減効果が期待できます。また印刷物貼り替え業務の削減、配信拠点を集約することによる業務負荷も軽減できますね。オーダー処理の効率化や、ペーパーレス、CO2削減といった環境保全に貢献できるメリットもあるでしょう。

複数の店舗・施設を運営している場合には、さまざまな案内や情報提供が必要となります。しかし従来のアナログ看板では、適切なタイミングで必要な情報をコントロールすることは困難でした。デジタルサイネージなら情報システムと連携可能なので、その時々の状況に合わせた情報発信が行えます。

たとえば飲食店ではメニューの自動切り替え、営業時間・休日の案内、期間限定キャンペーン告知などの情報が柔軟に切り替えられますよ。

デジタルサイネージによる空間演出について

店舗の建築デザインや、内装と調和した映像演出が行えるのもデジタルサイネージのメリットの一つです。店舗・施設に調和した映像を流すことにより、ブランドイメージを向上させる空間演出が可能となります。またロケーションの価値を向上させることによって、集客アップも期待できるでしょう。

デジタルサイネージならではの演出、お楽しみ要素が話題を生み、集客増にも貢献してくれます。たとえばレジャー施設では、高精細で迫力ある映像を映し出すことにより、お客様を惹きつける魅力となりますね。

デジタルサイネージ広告によって今後の広告出稿はどう変わるか

デジタルサイネージの広告が普及することにより、広告出稿の形はどう変化していくのでしょうか。

ネットワークを介することにより、複数の店舗・ディスプレイに同時配信が可能なデジタルサイネージ。配信コンテンツは遠隔操作が可能です。配信するディスプレイが増えたからといって、運用コストが増えるわけではありません。もちろん電気代や端末にかかる料金など、増加するコストも発生します。しかし24時間365日活用したとしても1台あたりのコストは年間に換算して数万円程度とされています。全体として見れば、それほど大きな数字ではないでしょう。

もしも広告内容に誤りがあった時も、簡単に配信データが修正できます。アナログ媒体ではすべて印刷し直さなかったことを考えれば、かなりのコスト・手間の削減になりますね。アナログ媒体では広告の規模が大きければ大きいほど、コストも比例して増えていたかと思われます。デジタルサイネージは一度設置してしまえば、内容更新のため現地に赴く必要がありません。交通費や印刷代も発生しないので、規模が大きい店舗・施設・企業ほどメリットが実感できるでしょう。

一方でアナログ広告は印刷物だったので、サイズや種類が豊富に存在します。曲線を用いた表現や、柱など曲面に設置可能という強みがありますよね。デジタルサイネージは液晶ディスプレイを使用するので、特定サイズでの利用になってしまいます。

しかし最近では、柱などの曲面に設置できるデジタルサイネージも登場しています。ディスプレイやプロジェクタなどで投影し、設置場所を選ばすに広告を出稿できる技術も注目され始めています。これからはさらに技術革新が進み、同時にコストも下がっていくと思われます。

このようにデジタルサイネージの登場により、今後の広告出稿の形は大きく変わっていくでしょう。

まとめ

デジタルサイネージは最先端のIT技術を利用した、高性能な電子情報媒体です。視認性に優れ、適切な情報発信が行えるので、販売促進や集客増といった効果が期待できます。それだけではなく人件費や印刷代といったコスト削減効果も狙えるでしょう。

一方でデジタルサイネージを導入したからといって、必ずしも大きな効果が出せるわけではありません。店舗や施設に合わせたコンテンツ配信を行い、売上の変化を随時確認し、販売促進、集客率アップの精度を高めていく必要があります。

本サイトではデジタルサイネージの導入・運用に関するご相談を受け付けております。デジタルサイネージを導入したいと検討中の人、上手な運用方法を知りたいという人は、お気軽にお問い合わせください。専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。