SIGNAGE COLUMN

ネットワーク型のデジタルサイネージとは?メリット、デメリットを解説!

デジタルサイネージの普及にともなって、近ごろではさまざまなメーカーから多種多様なディスプレイ群が販売されるようになりました。しかし、必ずしもすべてのデジタルサイネージがインターネットにアクセスできるというわけではありません。

今回は、インターネットに接続することができる「ネットワーク型」のデジタルサイネージについて、その活用方法からメリットやデメリットなどを中心に解説を進めていきます。

ネットワーク型のデジタルサイネージとは何か?

デジタルサイネージには主に、スタンドアロン型、ネットワーク型、インタラクティブ型の3つの端末種類が存在することをご存知でしょうか。

デジタルサイネージの適切な運用にあたっては、まずはそれら3種類の違いや特徴を理解しておく必要があるため、以下で順を追って解説いたします。

店舗の集客にはデジタルサイネージが効果的?無料相談はこちらから

スタンドアロン型

デジタルサイネージのなかでも、インターネットに接続していない端末は「スタンドアロン型」に分類されます。

あらかじめ決まったコンテンツを、USBメモリやSDカードなどのフラッシュメモリに保存することで、手動での情報更新を行う端末タイプとなります。

ネットワーク型よりも安価な製品が多いのですが、オンライン経由での情報更新ができないため、販促したい商材が単一である場合や、案内の内容が長期間一定である場合などにおすすめです。

ネットワーク型

デジタルサイネージのなかでも、インターネットに接続している端末は「ネットワーク型」に分類されます。

複数のデジタルサイネージがオンラインで並列に接続されているため、管理用のパソコンから内部の情報などを一元的に管理することができる端末タイプとなります。

スタンドアロン型よりも高価な製品が多いのですが、ディスプレイに表示させるコンテンツの更新頻度が高い場合や、別々の場所に複数台設置して運用したい場合などにおすすめです。

インタラクティブ型

デジタルサイネージのなかでも、インターネットに接続している端末で、かつタッチ操作や動的センサーに対応しているものは「インタラクティブ型」に分類されます。

広告看板としての利用用途だけではなく、顧客情報のユーザー分析やターゲットへの効果的なアプローチの解析など、マーケティングにもデジタルサイネージを活用させたい場合などにおすすめです。

ネットワーク型デジタルサイネージの活用法

ネットワーク型のデジタルサイネージは、遠隔からでも更新を行うことができる点や、複数の端末を一元的に管理することができる点が魅力です。スタンドアロン型のデジタルサイネージよりも「管理のしやすさ」という観点では優れていると言えるでしょう。

ネットワーク型のデジタルサイネージであれば、別々の場所に設置してあるディスプレイに関しても、指定されたスケジュール通りに一斉にコンテンツを更新することができます。手間と時間を最小限に抑えて活用することができるでしょう。

デジタルサイネージの導入はコスパが大切!無料相談はこちらから

ネットワーク型デジタルサイネージのメリット

遠隔操作のできないスタンドアロン型と比べた場合、ネットワーク型には数多くのメリットが存在します。まずはネットワーク型のメリットを見ていきましょう。

遠隔からでもコンテンツを更新できる

もっとも大きなメリットとしては、遠隔からでもコンテンツの更新を行うことができるという点が挙げられるでしょう。

スタンドアロン型のデジタルサイネージの場合には、表示させるコンテンツの更新にDVDやUSBメモリなどのフラッシュメモリを用いる構造から、すべての端末を手動で更新する必要がありました。

ネットワーク型のデジタルサイネージの場合には、すべてのディスプレイの設置場所にわざわざ赴く必要はありません。管理用のパソコンから遠隔でコンテンツを更新することが可能となっているため、インターネットの環境さえあれば、どこからでもディスプレイを管理することができるのです。

複数のディスプレイを一元管理できる

複数のデジタルサイネージをひとつの端末から一元的に管理することができるという点も、ネットワーク型の大きなメリットのひとつと言えます。

スタンドアロン型を複数台管理している場合には、コンテンツの更新のためには、更新や配信開始の時間を合わせるために、何人ものスタッフがそれぞれのディスプレイに向かい、入れ替えの作業を行う必要がありました。

ネットワーク型を複数台管理する場合であれば、多くのディスプレイを一台のパソコンから一括で管理することが可能です。さらに、ぞれぞれの端末ごとに配信開始時間などを個別で設定することも可能なため、ストレスフリーな運営管理に大きな効果を発揮してくれるでしょう。

ネットワーク型デジタルサイネージのデメリット

運用の手間を省くことができる便利なネットワーク型ですが、少なからずデメリットというものも存在します。ここからはネットワーク型のデメリットについて見ていきましょう。

導入コストの課題

ネットワーク型のデメリットを考える場合、まずは初期導入費用のコスト悪化の問題が挙げられます。

ネットワーク型のデジタルサイネージは、スタンドアロン型のものと比べて比較的高価な製品が多く、また、運用にあたっては管理用のパソコンやソフトの導入、コンテンツデータを保存するためのクラウドストレージ契約など、付随するサービスも同時に導入しなければなりません。

通信エラーの課題

通信障害やネットワークエラーの場合には、通信そのものが遮断されてしまうということもデメリットのひとつとして挙げられるでしょう。

ネットワーク型の場合、コンテンツの更新や本体情報の取得などはオンラインを経由して行うため、指定のスケジュール通りにコンテンツ更新を行いたい場合や通信障害などのリスクを避けたい場合などには、あらかじめ注意が必要です。

まとめ

多くの製品バリエーションから展開されているデジタルサイネージの分野ですが、設置場所や店舗規模などによって、採用すべき端末種類は異なります。

サイネージモンスターでは、より詳細なデジタルサイネージ運用の方法について、さまざまな視点からコンテンツの発信を続けています。

デジタルサイネージの導入を検討されている方や興味のある方などは、ぜひ一度、参考にしてみると良いかもしれません。

デジタルサイネージは集客に効果あり!無料相談はこちらから

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。