SIGNAGE COLUMN

広告収入を稼げる?余ったスペースがお金に変わるデジタルサイネージとは?

最近、繁華街を中心に店先に大きなディスプレイを設置している店舗などが増えています。ディスプレイに商品やお店の広告を流すことで、行き交う人の目に留めてもらい、購入や来店を促すことができます。そうしたディスプレイ=デジタルサイネージを、余ったスペースに設置することで広告収入を得ているケースもあるんです。そこで今回は、余ったスペースにデジタルサイネージを設置することで、広告収入が得られる仕組みについてご紹介していきます

デジタルサイネージとは?

少しずつ認知度が上がってきているものの、まだまだ「デジタルサイネージとは 何?」と思っている方も多いでしょう。最近では、コロナ対策によるソーシャルディスタンスにより、TV番組でもコメンテーターがディスプレイに表示され参加しているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。そのディスプレイこそがデジタルサイネージなのです。デジタルサイネージは動画を流すことが可能なため、静止画に比べて圧倒的に視覚に訴えやすく、商品のPRなどに非常に有効になります。この効果こそが、広告収入を得られる理由でもあるのです。

https://signage.monster/column/arcade

余ったスペースが有効活用?

デジタルサイネージを設置するにあたり、設置スペースが必ず必要になります。しかし、小さなお店などの場合設置スペースがなく、設置したくてもできないケースが多々あります。そんな時、余ったスペースを持っている方がデジタルサイネージの場所貸しを行うことで、お店側はPRを行うことができ、場所提供者側は広告収入を得られるというわけなのです。場所を提供する側も、余ったスペースを提供するだけで副収入を得られるため、こうした広告収入を活用している人が少しずつ増えています。

広告収入の仕組み

広告収入はTVCMのように、商品やお店などをその会社に代わってPRすることで得られる収入のことを言います。近年では、youtubeなどで広告収入を得ている方も増えていますが、そのPR場所がCMやyoutubeなのかもしくはデジタルサイネージなのかの違いで、内容としては同じものです。広告収入の良いところは、自分が管理していなくても自動的にPRしてくれるため、極端に言えば寝ていても稼げるという点でしょう。この点は広告収入の最大のメリットと言えます。

屋外での設置

デジタルサイネージは、どこに設置しても同じ広告収入を得られるわけではありません。設置に適している場所は、大きく分けて2つ「人通りが多い場所」と「屋外に設置ができること」です。中でも、屋外設置は重要なポイントになります。デジタルサイネージは広告ですので、より多くの目に触れなければ、その効果を発揮することはできません。そのため、屋内よりも屋外の方がそのチャンスは多く、人通りが多い場所であればその効果は何倍にもなります。広告出稿主も、広告効果が得られる場所に設置したいと考えているため、基本的には屋外設置が重要なポイントになってきます。

屋内での設置

デジタルサイネージを設置する際、屋外の方がPR効果が高いですが、屋内の設置の方が有効な場合もあります。 例えば、病院の待合い室や美容室など一定時間、人が滞在するような空間ではディスプレイを見て貰える機会は多くなります。設置場所に合わせた広告であれば、より購入や来店にも繋がりやすいため、設置場所によっては屋内も選択肢の1つになるでしょう。 また、病院などにおける広告は信頼感を得やすいため、この点においても屋内設置が有効になるポイントです。個人で病院や美容室を開業している方で、設置場所が余っている場合はおすすめです。

大型ディスプレイが有利

先ほど、デジタルサイネージの設置場所は「人通りが多く、屋外設置が望ましい」とお伝えしましたが、設置するディスプレイのサイズも同じくらい大切です。デジタルサイネージのディスプレイは、用途に合わせてさまざまなサイズがありますが、PRという観点では大型のディスプレイが有利になります。理由は単純でデジタルサイネージは動画配信ができるため、大きい方が視覚に訴えやすいためです。そのため、広告収入を得るためにはある程度大きさがある方が有利になります。 また、今後はデジタルサイネージが至るところで定着しはじめ、大きなディスプレイを設置できる場所の争奪戦が起きる可能性もあります。そうなった際、価格競争が起き場所によっては、更なる広告収入を見込むことが可能になるかもしれません。

管理の手間がない

デジタルサイネージでの広告は、データをディスプレイに映し出すだけなため、場所を提供する側は基本的に何もする必要がありません。強いてあげれば、ディスプレイをしまう場合は電源を入れるくらいでしょう。場所提供者側に負担がなく簡単に管理できることも、メリットの1つと言えます

設置場所を求める人とコンタクトをとる

デジタルサイネージを設置する場所を提供するには、まず設置場所を探している人を見つける必要があります。デジタルサイネージに関わらず、広告を出稿する人は専門サイトなどで出稿場所を探しますので、まずは専門サイトに登録することが必要です。デジタルサイネージを設置したいと場所を貸し出す人をマッチングするサイトはまだ多くないため、実績がきちんとあるサイトを選ぶことが大切です。

https://signage.monster/shop

まとめ

広告収入と聞くと、自分で管理したり何かと大変なイメージがありますが、デジタルサイネージによる広告収入の場合は、場所を貸し出すだけで稼ぐことができます。今後、広告のデジタル化に伴いデジタルサイネージの設置は加速していくが予想されます。今から参入しておくことで、少しでも多く広告収入も得ることができますので、ぜひ設置場所を提供してみてはいかがでしょうか?

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。