1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 自然災害や火災などの緊急事態時にデジタルサイネージはどのように活用されるのか
SIGNAGE COLUMN

自然災害や火災などの緊急事態時にデジタルサイネージはどのように活用されるのか

日本は世界有数の災害大国と言われています。地震・津波・火山噴火や季節による大雨からの土砂崩れなど、ある程度予測できていても、完全には予測できないことも多くあります。 というのも、同じ県でも地域によっては災害の度合いが大きくずれ、実際の情報が掴めないからです。そうした中、主に広告宣伝用として活用されているデジタルサイネージ(電子看板)ですが、災害時にも活用されているのをご存知でしょうか? 緊急時にもデジタルサイネージはアンテナを張り、自然災害や火災からも人を守ります。 普段は、情報を共有する画面を表示したり、あらゆる面においてサポートしますが、緊急の時には災害発生を即時に検知できる優れた技術も持ち合わせています。

今後、いつまた、起こるか分からないあらゆる緊急事態に対して、備えをしておくのも大切なことです。 そこで今回は、災害時に役立つデジタルサイネージの活用法や、どのように災害発生を検知できるのかも併せてご紹介します。

防災や減災におけるデジタルサイネージの活用方法

幾度となく日本でもさまざまな災害を経験してきました。その経験を生かし、BCP(事業継続計画)にもあるように、防災や減災に日頃から備えていかなければなりません。 デジタルサイネージでは、災害が報告された時から、災害時の誘導・復旧時のこれらが生じる時に外部の機器やデータと連携し、自動的にサイネージ上で情報を表示することができます。ここでは、デジタルサイネージに搭載されている4つの備えを紹介します。

火災報知器、非常用放送設備と連係

総務省消防庁ガイドラインに準拠し、緊急地震速報などの災害情報と連係、施設内などの火災発生位置をサイネージ上に表示します。また、緊急時には日本語のみならず多言語表示もでき、外国人にも分かりやすく安心です。

デジタルサイネージで避難誘導

連係後は、速やかにサイネージ上で地図を表示し、避難口の誘導をします。 日常的に使いなれた場所であっても、いざという時はパニックを起こし、冷静な判断ができないものですし、いつもは安全な場所でも、時には危険な場所へと変わってしまうことも十分考えられます。

例えば地震が起こった場合、人の判断では震源地や危険地域などが分からずに、とにかく逃げようと、危険な方向へと避難してしまう場合もあるかもしれません。 ですが、デジタルサイネージは、ピンポイントで危険地域を把握できるため、安全な方向へと地図上にて的確に誘導してくれます。

また、実際に地震が発生した場合、最初に取るべき行動は、家具などの落下物から身を守ることですが、この身を守っている数分間のうちに、次の取るべき行動をサイネージ上にて、さまざまなデータを処理し、私たちに次にどうしたら良いのかを教えてくれます。 「震度2」「津波の心配はないですが、念のため注意しましょう」などのように、分かりやすく表示してくれます。 人の感覚は、建物によって、揺れの感じ方にも誤差が生じるため、実際の震度予測が分かると安心ですね。 こうした状況に合わせた確実な表示によって、取るべき行動が分かると、精神的にも大きな支えになるでしょう。

地震速報や津波情報の放映

猶予時間や津波に関する情報なども表示でき、地震の到達までの備えを支援してくれます。 人は災害が起きた時に、自分の都合の良い状態に考えてしまい、「自分の所は大丈夫!」と感じたことはありませんか?時にはそれが命を落とすことにも繋がり兼ねません。

あるいは、多くの人がいるビルの中では、人でごった返してしまい、逃げ道を失ってしまう場合もあるでしょう。 もし、ピンポイントでの予測震度が分かっていたら、もし、猶予時間が分かっていたら、また、津波が起こる可能性や、適切な場所へ避難していたら、命を落とすことも混乱を招くことも、最小限で抑えられるでしょう。

デジタルサイネージは、施設内の防災設備やセンサー・インターネットなどから得られる情報を適切にデータとして組み合わせ、災害の特性に合わせて表示することができます。 サイネージ上のデータだけではなく、さまざまな情報を参考にすることで、情報のもれを抑えられることが可能です。

小型気象計による気象データと連係

局地的な豪雨や夏場によく起こる熱射病などの局地災害においては、小型起床計を設置することによって、突発的な災害へも支援してくれます。 また、デジタルサイネージは対応能力が非常に優れており、こういった災害情報だけではなく、その時々に役立つ日傘や飲料水などを表示し、購買意欲も同時に促します。 対応能力に関しては、Aiを搭載することによって、人間並み、時にはそれ以上の能力を発揮します。 この対応能力を生かし、その人に合った接客ができたり、防犯対策として不信人物を検知したり、データを数字化したりと、必要に合わせて広告や宣伝・危険を見抜けることは、いざという時にとても頼りになります。

防災や減災対策としてデジタルサイネージを利用できる場所

上記のような備えが日頃からサイネージに搭載されることで、利用できる場所の幅も広がります。それぞれ4か所に絞り、具体的な活用例を入れていますので読み進めてください。

オフィス

デジタルサイネージは、スマートフォンやパソコンなどと連携することができます。 災害がない場合は、連絡事項として多いに活用して頂き、万が一災害が起きた場合には、すぐさま、それぞれのパソコンやスマートフォンに、詳しい災害情報を配信します。

また、オフィス内にいない場合、例えば、工場内に入ってしまっている場合でも、良く見える位置にデジタルサイネージを設置することで、オフィス内の従業員と情報を共有する事ができます。 サイネージの表示をレベル別に色分けすることもできますので、音が聞こえない状態でも危険度を認識することができます。工場によって、館内放送が全く聞こえない場合も多いため、色分けによって表示することで慌てずに判断する事ができます。

会社内では、一か所に人がいることが少ないので、コピー機付近、エレベーターの前、中、エントランスと、人が通る導線に設置すると良いでしょう。

複数のサイネージでも全て一括で管理でき、災害時は同じ情報がくることによって、避難時もお互いに安心感を持つことができます。

学校

学校は地域や場所によっても、人数が多い学校あるいは少人数とさまざまです。 人数が少ない場合は、ある程度生徒の行動範囲も把握でき、災害時にも声かけがすぐできる環境下にあるかもしれません。 しかし、生徒数も多く経営している学校もある程度多い場合は、災害の状況の把握や離れた場所での生徒の安全を守るには限界があります。

北海道から沖縄に学校を経営している、とある学校法人の経営者は、災害時の生徒の安全面をどう確保するのか、悩まれていたそうです。 そのような時に、デジタルサイネージの存在を知り各拠点にデジタルサイネージを設置したところ、「Lアラート」に従って、的確な災害情報や、情報の共有ができるようになったことで、実際に災害が起こった時はとても助かったそうです。 全国どこに設置しても、一括で管理することができ、すぐに災害地に足を運ばずとも、把握することで安心感にも繋がります。

スマホなどでも災害状況は把握できますが、先にも述べたように緊急事態の中、適切な判断で行動ができるのは、常に状況が変わる中でも、変化に対応し人の安全を確保する適応力を兼ね備えている、デジタルサイネージならではの機能です。

更に、日頃からの防災対策が必要なことから、「防災教育コンテンツ」も導入することができます。 このコンテンツにて、災害時にはどのような備えが必要なのか、その時に取るべき行動を学ぶことで、日頃から防災に対して意識を高めます。 また、天気予報の正しい見方や、避難場所・避難ビルを生徒自ら普段の生活の中で見直すことへも繋がります。

大型スーパー

大型スーパーでは、災害時のみならず広告宣伝用にと、デジタルサイネージを取り入れるスーパーが増えてきました。 ディスプレイの大きさは大小さまざまで、今日の一押し商品紹介やセルフレジにと活用の幅も広がっています。

災害は買い物の途中でも関係なく起こるものです。 例えば、地震が起きてしまった場合、高い場所に置かれた商品が落ちてくること、通路を挟み両側の棚から商品が落ちてきて、下敷きになったりと大けがをする自体も予想できます。 そのような事態の時に、確実な地震の発生場所・地震の震度状況のよって、お客に対しても適切な指示を行うこともできます。 火災が起こった場合も、同じ様に危険個所のお知らせや、安全な避難口誘導を行います。 Aiを搭載したサイネージでは、人の動きにも敏感なので地震で下敷きになっている人や、火災で逃げ道が分からなくなり取り残された人も検知し、従業員へ伝えてくれます。

また、デジタルサイネージは耐久性も高く、強化ガラスや保護パネルが設備されており、外部からの衝撃からも耐えられるように作られています。 屋外用ディスプレイにおいては、防水・防塵加工や直射日光にも耐えられる防熱対策も調整されています。

商店街

商店街など広い範囲では、サイネージ型の自動販売機に「Lラ―ト」を搭載することによって、多くの命を救うことに繋がります。 自動販売機は、あちこちに設置されていますので、広い商店街でも確実に情報を放映することが可能です。 サイネージ型の自動販売機の画面上に、自治体や関係省庁が発信した避難勧告などの災害関連情報を表示します。

もちろん、各お店に設置し、それぞれのサイネージで連携を取る事も可能です。 普段は自動販売機として活用し、急な災害時には画面が切り替わり、取るべき行動を促すことができるので、いざという時の備えに役立ちます。 自治体独自の取り組みを表示することもでき、その土地に沿った的確な判断で誘導することもできます。

サイネージ型の自動販売機は、多くのメーカーが取り入れ始めています。 普段の行動範囲の中に、災害情報を確実に届けてくれるのは、通行人や買い物客にとっても、とてもあり難いことです。

防犯や減災対策としてデジタルサイネージを設置するときの注意点

防犯や減災対策として役立つデジタルサイネージですが、注意すべき点もあります。 ・防犯や減災目的ばかりではなく、普段使いの利用用途はあるか ・実際に災害にあった時のデジタルサイネージの保証 ・設置場所の環境把握(人の導線に配置) ・設置条件や目的にあった機器の選定・システム構築対策 ・デジタルサイネージ・コンテンツ料金などの確認 ・普段から防犯や減災対策の管理(責任者)を事前に決めておく

デジタルサイネージは、情報を処理し、的確な支援を行ってくれます。 しかし、防犯や減災対策は、日頃の訓練・災害に対する意識付けによって、冷静な行動を起こせるようになります。今、起こるかもしれないことに対して、見かけの対策ばかりにならないよう注意しましょう。

まとめ

「自然災害や火災などの緊急事態時にデジタルサイネージはどのように活用されるのか」を紹介しました。

デジタルサイネージは、情報の種類や地域にもよりますが、災害発表が出てから、数分でサイネージ上に反映されます。 その時々に応じての表示や、危険度の色分け・猶予時間・地図上での避難口誘導など、内容も充実しています。 日頃からの災害に対する意識付けを、この機会に「防災教育コンテンツ」で改めて見直しておくのも良いでしょう。

自然災害や火災は、頻繁に起こるものでもありませんが、それこそが危険な落とし穴であり、普段からの備えが重要です。 万が一のために、デジタルサイネージを通して、安心を備えるのも良いでしょう。 デジタルサイネージの気になる特徴なども踏まえ、ご相談やお悩み等がある方は是非一度何かありましたらサイネージモンスターまでお問合せ下さい。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。