1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. 飲食店はセルフオーダーシステムにするべき?メリットデメリットを解説
SIGNAGE COLUMN

飲食店はセルフオーダーシステムにするべき?メリットデメリットを解説

飲食店でのオーダーの際に、タブレット型オーダーシステムを導入している飲食店も多く見かけます。 また、これから導入を検討される飲食店もますます増えてくるでしょう。 特にこのセルフオーダーシステムというのは、お客が店員を呼ばなくても机上のタブレットで注文をすることができるため、業務効率化や顧客満足度向上の側面からも非常に人気の出ているシステムです。

本記事を読んでいただいている方も、一度は目にしたことや利用したことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、飲食店でのセルフオーダーシステムを導入するべきなのか?また、メリット・デメリットについても解説していきます。

セルフオーダーシステムとは

そもそもセルフオーダーシステムとは、来店客が机上にあるタッチパネル式のタブレットなどを利用して、自分が頼みたいものを店員を呼ばずに注文をするためのシステムです。飲食チェーン店等でよく取り入れられているシステムですので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

使い方としては、下記のような流れが一般的です。

①テーブル等に置かれているタッチパネル式(タブレットやipad等)を手にとったり、触 れてみてください。

②画面が表示され、注文したいメニュー・料理の画像等がでてきます。

③ご自分の注文したいものを選び、数量やその他、お水やお茶、調味料等も選べるお店もありますので、確認しながら選んでいきます。

④注文したいものを選び終わると、決定ボタンでオーダー終了。  (注文を間違えた時は、決定の前に戻るボタンで取り消しもできます。)   オーダーが終了すると、キッチンへすぐ注文内容が無線で飛びます。 以上が、セルフオーダーの流れになります。

セルフオーダーシステムの導入におけるメリット

セルフオーダーシステムの導入には次のようなメリットが予想されます。

コスト削減

 人件費・時間が大きくカットできます。人件費は、実際に店員がお客様のところへオー  ダーをとりにいく作業を、セルフにすることで、店員を少ない人数でまわすことが可能で す。  また、オーダーにとっていた時間を、料理提供の時間に使ったり、その他のサービスにあ てることもできます。サービスは無限ですので、お店独自のアピールにも貢献することで しょう。

オーダーミスの減少

 全く減らせることは不可能ですが、お客様とのコミュニケーションエラーによる聞き取りミスは防ぐことができます。  また、お客様自身が注文することにより、お客様自身の注文ミスが出てくることは予想されますが、大きなトラブルは回避できます。

遠慮なくお客様が料理を選べる

 店員によるオーダーは、食べたくないものを勧められたり、食べたいものをなんとなく注文しづらいといった状況を経験したことがある、といった投稿をTwitter上などで見かけます。  タッチパネルのみならこういったこともなく、お客様自身の開放感が得られ、よりリラックスした状態で食事を楽しむことができます。

時間管理も可能

 60分食べ放題や120分食べ放題のお店などでは、店員がわざわざ「お時間あと10分です。」などとお客様に都度伝えなくても、端末を通しオーダーした段階から時間がカウン トされ、お客様にお知らせしてくれます。  お客様も店員も、どちらも時間を気にせずにすみます。

外国語対応

 外国人のお客様が来店された時も慌てることなく対応可能です。  外国語のメニューも作っておくことで、オーダーがしやすいことから、外国人のリピーターも期待されます。

家族層の集客も期待できる

 タッチパネルは、特にお子さんがゲーム感覚で注文できることから、退屈させることなく食事が提供でき、家族層の集客も期待できます。  また、ゲームを実際に搭載することで、お店にいく楽しみも増えます。  回転ずしに家族連れが多いのは、こういった仕掛けがあることも人気の一つです。

広告枠として活用し副収入を得ることができる場合も

セルフオーダーシステムは、メニューに限らずお店の宣伝や周辺施設の宣伝にも効果的です。というのも、例えば食事をしている際に話が途切れた時、次に行く場所を探している時、机上のタブレットに参考になりそうな情報が流れていたらどうでしょう?お客側は食事 をしながらゆっくりしているわけですから、多くの場合その情報が目にとまりますよね。

セルフオーダーのためにタブレットを、電子公告、いわゆるデジタルサイネージのようにし て活用することができるようになるわけです。街中に設置されてデジタルサイネージは、多くの人をターゲットに、そして、歩いている人に対して一瞬でも目に留まるようなコンテンツを放映しなければなりませんが、机上のタブレットであれば目の前のターゲットのみに対しての訴求です。 非常に訴求力を上げることが期待できるのではないでしょうか。

そのうえ、周辺施設の情報をタブレットで広告として開示することに対して、広告収入を得ることもできるかもしれません。

セルフオーダーシステムの導入におけるデメリット

セルフオーダーには、当然デメリットも発生します。 では、どのようなデメリットが予想されるでしょう。

お客様とのコミュニケーションの減少

 セルフでオーダーすることによって、自然とお客様との会話は減少します。  タッチパネル上にメニューがあり、その説明もあることから店員さんに尋ねることも減ります。  ですが、逆にこの会話を煩わしいと感じているお客もいらっしゃるので、お店の雰囲気に合わせたサービスを選ぶと良いでしょう。

客単価の減少

 先にメリットでも述べたように、お客様が自由に好きなものを選べるようになると同時に懸念されるのが、客単価の減少です。  例えば、居酒屋でお酒は1杯だけ、後はソフトドリンクといったケースも考えられます。  そうすると、お客様は増えても客単価は上がりません。  便利を取り入れると共に、客単価をあげる工夫も必要となってきます。

故障は避けられない

 機械は使う頻度や、その使い方の状況によっても左右されます。  例えば、新しい洗濯機を購入したとします。まだ1年も立たない内に故障してしまうこともあります。それは、1年という期間ではなく、使う頻度や使い方です。  一日中使い続けていたり、設置する場所によっても故障の原因となります。  タッチパネルもオーダーの度に使用しますし、乱暴に扱うお客様もいらっしゃるかもしれません。また、食品の油汚れ等で故障の原因になることも踏まえながら、故障時の保証は あるのか事前に尋ねておくと良いでしょう。

操作方法が面倒、機械が苦手な方にとっては苦痛

 慣れてしまえば簡単かもしれませんが、初めてみる方や、機械が苦手な方には辛いものがあります。  操作自体を煩わしく感じたり、目の見えない方にとっては店員さんが気付いてくれたらいいのですが、いつまでも店員さんも来ない、お客様も注文してくれないといった状況も考 えられます。  便利なものを取り入れても、お客様に対しての心配りは怠らないようにしたいところです。  

導入にあたり費用発生  システムを導入するにあたり、導入費用、タブレット、ネットワークなど設備費が必ず発生します。  導入の際は必ず購入先の担当者様とご相談や、お店の経営状況も踏まえ様々な予測をしながら検討されることをおすすめします。

まとめ

飲食店はセルフオーダーシステムにするべきか?また、メリットデメリットを解説 しましたが、いかがでしたでしょうか。 デジタル化が進み、お店側もお客様側も利便性を感じることができる上に、新しい利用の仕方を開拓されていくことでしょう。もちろん、セルフオーダーシステムの活用には、メリットデメリットがそれぞれありますが、他店にはない独自のサービスを提供する事も可能です。 1日の来客数が多く、スタッフの数を増やしても追いつかない、でもコスト削減はしたい場合など、導入することで思わぬプラスの展開が待っているかもしれません。 デジタルの力をうまく利用し、導入してみるのも良いでしょう。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。