SIGNAGE COLUMN

病院はサイネージ広告の最適な場?設置するだけで顧客満足度向上になるか?


少しずつ街中で見かけるようになってきたサイネージ広告。駅やショッピングモールなど人のたくさん集まる場所では、設置されることも増えてきました。そんななか、私たちにとって身近な場所でもある病院にも導入されはじめており、その訴求率の高さに注目が集まっています。
また設置したことで、患者さんのストレス軽減にもなり、顧客満足度向上にも繋がっているんです。そこで今回は、病院におけるサイネージ広告のメリットについて、ご紹介していきたいと思います。

病院の待合室は、最高のアピール場

病院に行った際、待ち時間が長いと感じる方は多いと思います。予約時間通りに診察してくれる場合もありますが、2017年の厚生労働省の調査によると、およそ7割の方が待ち時間が1時間未満かかるという調査結果が出ています。携帯で待ち時間を潰すという方も多いでしょうが、病院内の携帯使用を遠慮するよう案内している場合があるため、待ち時間の間は手持無沙汰になることが多々あります。

そんな時、サイネージ広告が待ち時間対応に役立ってくるのです。待合い室でTVをつけている病院に行った際、見たい番組でなくてもついつい見てしまったり、内容に興味がなくてもじっくり見てしまったという方もいるでしょう。その状況をサイネージ広告で利用し、患者さんと親和性の高い広告を表示することで、視聴率の高さはもちろんのこと、内容をしっかり把握してくれるため、商品の購入にも繋がりやすくなるのです。


顧客満足度の向上

長い待ち時間をTVなどの映像を見ていれば、あっという間に時間が経った感じがします。TV同様、サイネージ広告を設置し動画を表示することで、待ち時間の長さによるイライラが軽減に繋がり、結果的に顧客満足度の向上にも繋がりやすくなります。

広告内容は病院に合わせた内容に

病院の待合室には幅広い年代の患者さんがおり、性別もさまざまです。産婦人科などであれば、女性向けやママ向け・子供向けの商品などが最適ですし、総合病院のようなところであれば、マスクなどの衛生用品といった誰にでも該当しそうな広告内容にすることがベストと言えます。また、設置場所が多いようであれば、診療科目別にその科に適したものを表示させるのも選択肢の1つです。

情報の共有が可能

病院のお休みや連絡事項などは、紙などで掲示していると見落としがちになりますが、サイネージであれば繰り返し映像で映し出すため、情報の共有が簡単になり見落としも軽減します。また、患者さんの呼び出し番号などの表示にも役立つため、病院、患者さんの双方にとっても利便性が良くなります。

診察までの流れを説明

また、サイネージ広告の活用方法は他にもあります。例えば、患者さんの不安を取り除くために診察までの流れを動画で説明することにより、患者さん自身がお医者さんに何を聞きたいかを頭でまとめておく時間が確保でき、適切な診察や時間短縮にも繋がります。1回の診察時間は短くても、1日に何人も見る場合この時間短縮はトータルすると大きな差になります。

口コミの表示

サイネージ広告は、病院の口コミ表示にも非常に有効です。最近では携帯で口コミを見ることが当たり前になりつつあり、病院内に口コミ表示させることによって、来院率を高めることが可能になります。最近では、口コミの評価が病院選びの基準になっている側面がありますので、サイネージ広告で対応するのも1つの方法と言えるでしょう。

広告の効果はどれくらいあるのか?

サイネージ広告を設置することでメリットがあることはわかっても、実際にその広告がどれくらい効果があるのか気になるところだと思います。病院によって変わりますが、ターゲットに合わせた内容を広告表示し、病院の場合、通常よりも広告をしっかり見てもらえるため、購入には繋がりやすいと言えます。

また、人が多ければ多いほど購入チャンスも増えますし、病院という場所柄、何度も通院し同じ広告を見てもらうことで、商品内容を潜在意識に刷り込ませていけるという側面もあるため、紙媒体の広告に比べて、何倍もの効果が出る可能性があります。

設置場所の提供もできる

サイネージ広告は、自ら設置した場所に広告出すことと、他者に設置場所の貸出の両方が可能です。院内に空いたスペースがある場合は、設置場所の貸出ができ広告収入を得ることができます。今までの病院での広告といえば、紙媒体の広告が一般的で、壁の至る所に各広告を貼っているため、1つの広告の訴求力は低くなりがちです。

しかしサイネージ広告であれば、映像にて広告訴求ができさらに訴求力も高いため、サイネージ広告の設置場所を探している企業も増えてきています。そのため、院内の余っているスペースを有効活用したい方、本業以外で収入を得たいという方には最適と言えるでしょう。

病院のサイネージ広告には注意が必要?

病院におけるサイネージ広告は、病院以外の場所で設置するサイネージ広告とは異なり、少し注意が必要です。適切な広告表示をするために、注意しないといけない点は主に3つ。

  • 医療広告のガイドラインに沿った内容になっているか?
  • 薬事法に該当してはいないか?
  • 表示内容は患者さんに合っており、患者さんが不安になるような内容ではないか?

上記の3つは守ったうえで表示する内容を決めていく必要があるため、注意しましょう。サイネージ広告の場所貸しをする場合は、広告主側にもきちんと上記ポイントを踏まえているか確認しておくのも忘れずに行っておくと安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 近年は病院は医療を提供するだけなく、同時にサービスの提供やその質が求められ、その内容によって病院の存続が決まってくるようになってきました。病院におけるサイネージ広告は、患者さんの満足度にも直結し、病院の待ち時間ストレスを改善してくれるツールとなります。「顧客満足度を高めたい!」「診察をもっとスムーズにしたい!」「空いたスペースで副収入を得たい!」という方は、ぜひこの機会にサイネージ広告を活用してみてはいかがでしょうか?

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。