SIGNAGE COLUMN

デジタルサイネージのコンテンツ作成におけるポイント

駅の改札やタクシーの車内など、近ごろでは街中のあちこちで見かけるようになったデジタルサイネージ。ディスプレイに表示されているコンテンツの種類にも、実にさまざまなタイプのものが存在していることに気がつきます。

今回は、デジタルサイネージのコンテンツ種類ごとの特徴や、それぞれのコンテンツを作成するうえでのポイントなどにも焦点をあてて、わかりやすく解説していきます。

デジタルサイネージにおける『コンテンツ』とは

デジタルサイネージにおける『コンテンツ』とは、ディスプレイそのものに表示させる動画や静止画などの表示内容を指すものです。

このコンテンツには大まかに分けて、音声、動画、静止画の3種類のコンテンツが存在し、コンテンツの種類ごとに特徴であるメリットや適切な運用方法は異なります。

デジタルサイネージのコンテンツの種類

デジタルサイネージを導入する場合には、まずはそれぞれのコンテンツの特徴について、あらかじめしっかりと理解しておくことが成功への近道です。

静止画コンテンツ

静止画コンテンツとは、ポスターのような1枚の画像をデジタルサイネージに映し出すコンテンツ手法を指すものです。

駅や空港のコンコースなどで多く用いられているコンテンツ手法で、液晶ディスプレイにコンテンツを表示させることから、紙媒体に比べて視認性が高く、より際立った広告表示が可能になります。

また、後述する動画コンテンツよりも落ち着いた印象を与えられることに加えて、制作にかかる費用も動画コンテンツよりも安く抑えることができるため、デジタルサイネージの初期導入段階にもおすすめのコンテンツ手法です。

動画コンテンツ

動画コンテンツとは、動きのある動画をデジタルサイネージに映し出すコンテンツ手法を指すものです。

動的なコンテンツ手法であるため、デジタルサイネージのなかでも特に訴求力が高い種類であることに加えて、広告主が伝えたい情報をより的確にユーザーに伝えることが可能になります。

静止画コンテンツよりも制作費用が高くなる傾向にありますが、競合となる店舗や広告が密集している場所などにおいては、動画コンテンツを採用することで、より多くのユーザーの注目を集めることができるでしょう。

音声コンテンツ

音声コンテンツとは、静止画コンテンツや動画コンテンツのなかでも、音声が加わったコンテンツ手法を指すものです。

静止画や動画の表示だけではなく、それらのコンテンツに効果音やBGMなどの音声を加えることによって、より多くのユーザーの注意を焚きつけることが可能になります。

使用する音声ファイルの準備にあたっては、権利者への確認や著作権などにも留意しておく必要がありますが、有効に活用することができれば、他社との差別化を図るという意味でも効果的なコンテンツ手法のひとつであると言えるでしょう。

デジタルサイネージのコンテンツを作るコツ

さて、それぞれのコンテンツごとの特徴が理解できたところで、ここからはより具体的なコンテンツの作成方法について見ていきましょう。

静止画コンテンツの場合

静止画のコンテンツの作成にいたっては、まずは「PowerPoint」を使用するのがおすすめです。

専門的な知識が不要で直感的な操作が可能であることに加えて、コンテンツの出力においても表示させるディスプレイのサイズに合わせた適性サイズで画像を出力することができます。

動画コンテンツの場合

動画のコンテンツを作成する場合においても、先述の「PowerPoint」の使用をおすすめします。

静止画を組み合わせて一本の動画を作成することができるスライドショー機能を利用することができ、それぞれの画像の表示時間などもソフトウェアから細かく調整することができます。

コンテンツに音声をつけるときの方法

コンテンツに音声を加える場合にも、上記の2種類のコンテンツと同様に「PowerPoint」を利用することができます。

ソフトウェアメニューのナレーションの項目のなかから、任意の音声をスライドショーに挿入することができ、最新のバージョンであれば、その場で音声を収録して書き出すことができます。

AIサイネージの場合のコンテンツ

デジタルサイネージそのものにAI機能を搭載した次世代サイネージも増加傾向にあります。

近ごろでは、JR山手線の新駅である「高輪ゲートウェイ駅」に、Aiを搭載したデジタルサイネージが導入されたことでも注目を集めました。今後ますます発展していくであろう企業間競争においては、サイネージ分野においてもAIシステムの導入を検討していく必要があるでしょう。

デジタルサイネージのコンテンツが訴求力を左右する

どれだけコンテンツの制作に時間を費やしたとしても、ディスプレイに表示されているコンテンツの中身が、ユーザーにとって不明瞭で、かつ伝えたい情報がわからないような内容となってしまっては本末転倒です。

訴求力の高いコンテンツを作成するためには、まずは多くのサイネージ広告から自分の目に留まったものをリストアップしたり、気に入ったコンテンツの共通項を整理したりするなど、既存のコンテンツから幅広く学習することが重要と言えるでしょう。

思わず立ち止まる!デジタルサイネージの面白い活用事例と上手な使い方 https://signage.monster/column/usuage

まとめ

今回は、デジタルサイネージのコンテンツの種類や特徴を解説しましたが、最も大切な要素はディスプレイに表示させるコンテンツそのものの内容です。

とは言え、効果的なコンテンツの作成や設置場所の選定などには、それ相応の時間や知識が必要となってくるため、サイネージに関してのご相談やお悩みなどがある場合には、ぜひ一度、サイネージモンスターまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから https://signage.monster/contact

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。