SIGNAGE COLUMN

デジタルサイネージの活用アイディア3選!広告掲載で飲食店の集客アップ

駅や空港のコンコースなどで見ることができるデジタルサイネージですが、近ごろでは飲食店への設置導入が活発化しています。

今回は、飲食店における集客対策という観点から、デジタルサイネージを設置することのメリットや、導入時に注意しておくべきポイントなどについて、わかりやすく解説を進めていきます。

飲食店の集客でデジタルサイネージを使うメリット

デジタルサイネージは映像などの動的なコンテンツを表示させることができるため、従来までのポスター広告などとは異なり、より効果的で人目を引きつけるPRが実現できます。

では、飲食店におけるデジタルサイネージの導入には、一体どのようなメリットが挙げられるのでしょうか。

まずは以下の3つのメリットを、それぞれの項目ごとに順を追って見ていきましょう。

デジタルサイネージの導入で集客アップ!詳細はこちらから

通行人にも効果的なPRができる

まず第一のメリットとしては、通りがかりの通行人に対しても効果的な訴求を行うことができるという点が挙げられます。

デジタルサイネージによる広告表示は、液晶ディスプレイにコンテンツを投影させる仕組みとなっているため、従来までの紙媒体よりも視認性に優れているという特徴があるでしょう。

また、静止画でのコンテンツ表示だけではなく、動画コンテンツや音声コンテンツなどの広告も表示させることが可能です。このようなことからも、道行く通行人に対してもより効果的で印象に残りやすいPRを行うことができると言えるでしょう。

時間とコストを節約できる

第二のメリットとしては、コンテンツ制作にかかる時間やコストを節約することができるという点が挙げられます。

ポスターなどの紙媒体の場合、コンテンツそのものの制作や入れ替えの際には、毎回の印刷費用や運搬費用などが発生してしまい、ランニングコストの悪化を引き起こしていました。

デジタルサイネージの場合であれば、内容の修正やシーズンごとの入れ替えの際にも、データのやり取りだけで済んでしまうため、制作にかかる時間とコストを大幅に削減することができるのです。

広告収益を得ることができる

第三のメリットとしては、店舗の空きスペースにデジタルサイネージを設置することによって、広告主からの広告収入を見込むことができるという点が挙げられます。

デジタルサイネージへの広告表示はたしかに魅力的ですが、設置にあたっては物理的な空きスペースが必要となってしまうため、導入に踏み切れない企業も多く存在しています。

しかし注目したいのが店舗の空いているスペースをデジタルサイネージの置き場所として貸し出すという方法。広告主から一定の収益を得ることができるようになるため、設置しているだけで安定した収入を確保することができるのです。

飲食店におけるデジタルサイネージの活用アイディア3選

デジタルサイネージの導入メリットが理解できたところで、ここからはデジタルサイネージの具体的な活用アイディア3選を、簡単にご紹介いたします。

店舗の魅了を効果的に訴求できる?デジタルサイネージの導入はこちらから

『会津馬刺 おいだれ焼鳥 彦酉』の活用事例

https://www.amazing-pocket.com/case/restaurant/hikodori.html

千葉県浦安市の「イオン新浦安」に店舗を構える老舗居酒屋『会津馬刺 おいだれ焼鳥 彦酉』では、大型のデジタルサイネージを店前の通行スペースに設置しています。

大型のLEDディスプレイに大きく映し出された印象的な料理の画像などは、通行人の足を止めさせるのには十分な効果を発揮していると言えるでしょう。

『パナソニックサイクルテック』の活用事例

https://www.amazing-pocket.com/case/restaurant/pct-shokudo.html

電動アシスト自転車の製造販売などを手がける『パナソニックサイクルテック』では、社員食堂のメニュー表示に大型のデジタルサイネージを活用しています。

遠目からでも視認できるよう、液晶ディスプレイに大きく表示された日替わりメニューなどは、社員食堂におけるピーク時間帯の混雑回避などに一役買っていると言えるでしょう。

『BUTTER MILK CHANNEL』の活用事例

https://www.amazing-pocket.com/case/restaurant/buttermilk_channel.html

東京都港区の表参道通り沿いにあるニューヨーク生まれのレストラン『BUTTER MILK CHANNEL』では、店前の屋外スペースにデジタルサイネージを設置しています。

店舗そのもののおしゃれな外観は崩さずに、空間デザインのひとつとして有効的に活用することができることも、デジタルサイネージのもつ魅力のひとつと言えるでしょう。

飲食店でデジタルサイネージを利用するときのポイント

上記の活用事例のように、サイネージを設置することによって、より多くの人目を引きつけ、コンテンツを効果的に訴求させることができます。

しかし、設置したからといって必ず効果が約束されるようなものでもないため、ディスプレイの設置にあたっては、設置する場所やコンテンツ種類の吟味などが非常に重要なポイントとなるでしょう。

ここからは、デジタルサイネージを利用するうえで注意しておくべき3つのポイントについて、ざっくりとご紹介いたします。

店舗の集客にはデジタルサイネージがおすすめ!無料相談はこちらから

本体端末の種類

最初の注意ポイントは、デジタルサイネージの「本体端末の種類」に関してです。

デジタルサイネージには、USBなどの外部の記憶媒体を必須とする「スタンドアロン型」から、ネットワークにアクセス可能な「ネットワーク型」、タッチ操作や顔認識機能などを搭載している「インタラクティブ型」の主に3つの種類が存在します。

設置場所やメインとなるターゲット、またはPRしたいサービスの種類にも応じて適切な端末は異なるため、導入段階のリサーチなどから慎重な選定作業を行っていく必要があるでしょう。

コンテンツの種類

続いての注意ポイントは、ディスプレイに表示させる「コンテンツの種類」に関してです。

コンテンツの種類もさまざまで、単純な一枚絵を表示させる「静止画コンテンツ」から、映像などの動的な内容を表示させる「動画コンテンツ」、静止画や動画に音声を付け加えて表示させる「音声コンテンツ」の主に3つの種類が存在します。

こちらも本体の端末種類と同様に、設置場所やターゲットにもよって適切とされているものは異なるため、導入段階での入念なリサーチは必要不可欠と言えるでしょう。

設置場所の選定

最後の注意ポイントは、ディスプレイ本体の「設置場所の選定」に関する問題です。

デジタルサイネージの設置場所の候補としては、主に「屋内」か「屋外」のどちらかが想定されるでしょう。通行人への訴求という観点を重要視する場合、一般的には「屋外」への設置が望ましいとされています。

しかし、病院の待合室やコワーキングスペースなどでは、ユーザーによる一定の滞在時間を見込むことができるため「屋内」での設置が好ましい状況も多々あります。

このように、メインとなるターゲットの性質や滞在時間の予測などからも、適切な設置場所は異なってくるため、設置する場所に関しても慎重に選定していく必要があると言えるでしょう。

まとめ

今回は、飲食店における集客対策という観点から、デジタルサイネージを設置することのメリットや、導入時に注意しておくべきポイントなどを解説いたしました。

集客対策としても大きな効果を期待することができるデジタルサイネージの領域ですが、導入に関しては相応の知識と運用ノウハウが必要不可欠です。

特に初めての導入の場合には、最適な端末やコンテンツ種類の選定などに苦しむことも多いため、興味のある方はぜひ一度、サイネージモンスターまでお気軽にご相談ください。

デジタルサイネージの導入に迷ったら?まずはプロへの無料相談がおすすめ!

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。