SIGNAGE COLUMN

デジタルサイネージの導入で実現するスマート工場

デジタルサイネージは、広告を放映する電子看板です。街中でも至る所で設置されており、音声や美しい画像・動画で目の前を通る人に情報が配信されています。 この特徴を生かしあらゆる企業でも導入されています。中でも製造業においては、消費者のニーズも多様化する中、納期やコスト・品質も、大幅に変化してきています。そのため、「スマート化」を目指す工場も増え、情報伝達にデジタルサイネージの導入が近年増加傾向にあります。 そこで今回は、デジタルサイネージによって、どのように工場が稼働されていくのか、活用方法や事例、更には、近年普及しているデジタルを駆使した「スマート工場」の実態、また、経済産業省が新しい戦略として掲げているDX(デジタルトランスフォーメーション)についても、併せて言及してまいります。

スマート工場とは

「スマート工場」とは、工場内の工作機械や生産ラインなどの各種設備をネットワークと接続させ自動化やIOT化(モノのネットワーク)を図り、情報管理の効率化や運営の最適化を図る工場を指します。

近年、デジタルテクノロジーが急速に発展していく中で、多くの企業でも積極的にデジタル化を推進する動きがあります。また、一方では人手不足や高齢化も進み、これまでのような稼働の仕方では上手くいかず、スマート化を取り入れていく工場も続々とでてきています。デジタル化を導入する事で、従業員が働きやすい環境作りを提案し、稼働率向上を目指します。

工場におけるデジタル技術の活用

工場でのデジタル技術に欠かせないのが、以下の2つです。

Ai(人工知能)

Ai(人工知能)は、「機械学習(人間の「学習」に相当する行為を自動的に行う)」ものであり、他の技術と合わせその効果を発揮する事が多いです。製品の異常検知や、ロボットへの適用が有効です。その他・製品の需要予測・保守需要予測等や人材育成・省エネルギー化にも期待されています。

IOT(モノのネットワーク)

IOT(モノのネットワーク)とは、モノとインターネットを繫げる事です。 例えば、日常的に使用する冷蔵庫にIOTを導入する事で、冷蔵庫の開け閉めの回数が分かるようになります。

多くの工場が抱えている問題でもある、熟練者不足や従業員の高齢化にも急速に着手しなければ成らず、それゆえ、でじたる技術を取り入れた「スマート工場」を目指す工場が増えています。

スマート工場で活躍するデジタルサイネージ

では続いて、スマート工場においてデジタルサイネージを設置する場合、どのような活用方法(場所)があるのか以下4つと、併せて活用事例もご紹介致します。

デジタルサイネージの活用方法(場所)

①工場の出入口 従業員が出勤・退社する出入り口付近は、多くの人が目を向ける場所でもあります。従業員に伝えたい情報や、意識して取り組んで欲しい事を動画や画像で分かりやすく伝えると良いでしょう。従来の紙媒体では貼ってある箇所もまばらな為、大切な情報も見逃しがちです。また、情報を提供する側もその場所にわざわざいかずとも、情報を提供でき印刷代も省けたり、とメリットも大きいです。

②工場内の作業場付近 作業現場では、製品の納期や生産個数・合格品質基準等の共有は欠かせません。人伝えに報告するより、画面を通して確認する事で手間も省けますし、見たい時に見る事ができます。特に、危険物を取り扱っている場所では器具の取り扱いや、清掃の様子等を放映する事によって、再確認もできミスも大幅に減少します。

③休憩室 従業員の食事やコミュニケーションの場として解放している休憩室に、デジタルサイネージを設置し、日常の情報や天気予報など、会話が生まれやすいよう、環境作りの為に設置するのも良いでしょう。普段作業中は私語が禁止されている工場も多いですが、仕事をする上でいざという時にコミュニケーションはとても役立ちます。

④事務所内外 事務所は、来客も多く取引先の方や、工場の見学者が通る場所でもあります。自社の製品を放映し、技術などのアピールにも活用できます。また、来客の待ち時間に放映し、退屈させない空間作りもおすすめです。

以上の4つの活用方法(場所)をご紹介致しましたが、人が集まりやすい導線に沿って設置することで、意外なメリットが生まれた事例もありますので、配置場所はとても重要です。

デジタルサイネージの活用事例

「株式会社ニッコーインテック」 株式会社ニッコーインテックは、自動車部品を中心に、医療機器部品・精密プラスチック部品の金型設計・作成・組み立てをトータルに行っている会社です。 ①課題 自動車業界の変革を背景に、生産性が増加した事により情報の重要性を改めて感じ、パソコンを持たない従業員へのタイムリーな周知をいかに行うかが、重要な課題として上がっています。

②課題へのアプローチ 事務所と工場に1台ずつ設置し、従業員がそれぞれの職場から、最新情報を手軽に確認できる環境を構築しました。情報共有の促進によって、安心・安全にも役立てられています。

③結果 クラウド型配信である為、事務所のパソコンから各工場へ最新情報を一括して届けられるようになり、これによって、従業員同士のコミュにメーションも向上しています。更には配信する側にも、積極的な情報提供をと配信意欲にも繋がっており、今後も更に、働きやすい職場環境作りを目指していくそうです。

このように、デジタルサイネージは、様々なデバイスと連携でき、情報の提供も簡単です。工場内に一度入ってしまえば、なかなか事務所内に戻ることができない場合も多くあります。そして、デジタル化が劇的に進む状況化の中でも、情報の共有というものは欠かせないものだ、と改めて感じる事例であったかと思います。

工場でデジタルサイネージを活用するメリット

向上にデジタルサイネージを設置することによって、どのようなメリットが生まれるのか、以下3つをご紹介致します。

・進捗情報を見える化 ・安全面の再確認 ・コミュニケーションの活発化

進捗情報を見える化

生産過程の中において、工程スケジュールは決められており、いつまでにどのくらいの商品を生産しなければならない、といった確認を行いながら仕事を進めていきます。商品によっては、膨大な量を生産しなければならず、進捗状況の確認を把握する場合、従業員同士の人伝えになったり、全員が知りたい時に確実な数量を把握する事が難しい場合もあります。そのような場合、デジタルサイネージを目立つ場所に設置する事で進捗状況をすぐに把握できます。また、特に単純作業が続く中でのゴールが見えない作業は疲れやすく、いつでも進捗情報を確認できるようにする事で、従業員のモチベーション維持にも役立ちます。

安全面の再確認

工場内には様々な機械があり、中には取り扱いを間違ってしまうと命に関わるものもある為、安全面においては徹底した指導が行われています。一つ一つの動作においても指さし確認や機械の整備など、徹底して行われていますが、それでも時には大事故に繋がる事もあります。人間は機械ではないので、ミスをするのは仕方のない事でもあります。そういった事も踏まえ指導が行われていますが、例えば、一つの持ち場を2人ではなく1人の場合、確認不足で事故が起きてしまいます。

そういった場合にも、デジタルサイネージで注意喚起を促したり、Ai(人工知能)をデジタルサイネージに導入し、体調確認も同時に行うのも良いでしょう。Ai(人工知能)は、「グラスフィア非接触 発熱者検知サーモグラィーカメラ」といったものも続々とリリースしています。見た目では判断ができない体調の変化を、デジタルに再確認の意味で行う事で、コロナ感染対策にも役立ちます。

コミュニケーションの活発化

どの職種でもそうですが、デジタルサイネージを設置した事によって、従業員同士のコミュニケーションが活発になった事例があげられています。 デジタルサイネージのコンテンツは種類も豊富で、天気予報からニュース・日常の役立つ情報や占いまで、大きなスマホを設置しているかのように、コンテンツ内容の幅も広く取り揃っています。工場内では、スマホを持ち出すことはほとんどが禁じられていますので、社内で、放映されているコンテンツについて話題が上がったり、それによってコミュニケーションが活発化され、仕事にも良い影響を与えるようです。

このように、デジタルサイネージを活用することによって、作業を行う上で欠かせない、従業員が働きやすい環境作りを提供することができます。働きやすい環境作りは、雇用の定着にも貢献し、人材を育てていく上でも重要です。

工場でデジタルサイネージを活用するデメリット

一方、デメリットはどのようなものがあるのでしょう。

コストがかかる

デジタルサイネージは、大小さまざまなものがあり、ディスプレイの大きさによっても価格が大きく変わります。その他、周辺機器などのコストも加わりますし、工場のように、敷地内が広い場所では大きな画面が目立ちやすくおすすめですが、その分どうしてもコストはかかります。

また、使用目的が明確でなければ、導入しても上手く活用する事ができず、ただの飾りになってしまいます。解決したい課題を購入先の担当の方と、じっくり話し合い、デジタルサイネージを設置した事で課題解決に向かうのか、検討していく事が重要です。工場全体で導入するとなるとコストも思った以上にかかってしまいますので、まずは、優先して使用する場所を決め、効果を感じるようであれば、徐々に設置台数を増やしていく事がベストでしょう。

工場のスマート化で実現するDX改革

そもそも、DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、元々2004年にスウェーデンの大学教授『エリック・ストルターマン氏』によって「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と、提唱されたものです。 また、経済産業省が2018年に推薦しているものでもあり、日本も力を注ぎ始めている改革でもあり、デジタル化を導入して「変革」をもたらそう、という意味でもあります。簡単に説明すると、それぞれの会社や企業において、積極的にデジタル化を推進していく事こそが、今のビジネス社会において業務や・組織・企業文化に良い影響をもたらし、これをまた、ビジネス全体としてDX(変革)化することによって、国内外での優位制を確立させようということです。

これを踏まえ、工場をスマート化する事によって、製造業とそのサプライズチェーンに大幅な再調整をもたらす事が期待されています。これまでは、商品を生産する上で国や地域をいくつもまたぎ人件費もコストがかかっていましたが、IOT(モノのネットワーク)や自動化にすることによって、一つの地域のみでモノ作りが完成すると言われています。

まとめ

デジタル化は今や、国を挙げての改革の一つでもあり、新しい政権も発足され、デジタル庁が新設された程です。また、DX(デジタルトランスフォーメーション)においても、今後も様々な分野において、注目されていく事でしょう。 新しい技術を取り入れるには、導入コストや従業員への教育など、様々な問題も抱える事になります。しかし、デジタルを取り入れる事によって、情報管理の一元化やDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みにも成果を発揮するします。 本記事内では、デジタルサイネージも併せてご紹介させて頂きました。デジタルサイネージは、「強制視認効果」で自ずと情報共有が図れ、業務の効率化にも貢献します。デジタルサイネージの気になる特徴なども踏まえ、ご相談やお悩み等がある方は是非一度何かありましたらサイネージモンスターまでお問合せ下さい。

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。