1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. スーパーマーケットにおけるデジタルサイネージの活用方法
SIGNAGE COLUMN

スーパーマーケットにおけるデジタルサイネージの活用方法

普段私たちが利用しているスーパーマーケットやコンビニおいても、近年デジタルサイネージの活用が広がってきています。

特に、炊事をする方であればご経験もあるかもしれませんが、『買い物に行ってから作る料理を決める』ということはよくあります。 実際に消費者の39.9%がスーパーで献立を決め、19.9%は買った食材をもとに自宅で献立をきめるという実態が明らかになっています。

その、消費者の購入を後押しするのがデジタルサイネージです。

スーパーにデジタルサイネージを導入する目的

食品から日用品まで様々な商品をあつかうスーパーマーケットは、老若男女問わず様々な消費者に利用されています。 特に、とある調査によると2015年、30~60代の女性のスーパーマーケットの利用率は95%を超えていたそうです。 総じて、スーパーマーケットは『生活に必要なものを買う』チャネルとして認識されており、品ぞろえの充実から人々の日常生活を支えるライフラインとも言えます。

このような、生活に密着したスーパーマーケットにとって、現在、デジタルサイネージが活躍しています。 スーパーマーケットにデジタルサイネージを設置することの目的と、メリットについて下記にご紹介いたします。

・広告、販促

入り口や商品棚等に設置し、本日のおすすめの商品、販促商品などを紹介することができます。また、シーズンごとの特設売り場等において、従来の紙媒体のPOP等であればスペースの都合上、特定の商品しか販促が出来なかったものも、多数の商品を1か所からデジタルサイネージを活用して情報提供することができるようになります。

・情報提供

商品の直接的な宣伝だけでなく、天気予報や、販促につながる間接的な時事ニュースを、デジタルサイネージで流すことで、購入するつもりのなかった商品の購入を促すことができます。

例えば『暑い』や『寒い』など、外部の気候の変化に合わせて売り場の商品提案をおこなったり、『台風が近づいている』『風邪が流行っている』などの情報を流したりします。 そうすることで、暑ければそうめんや暑さ対策のグッズが売れるであろうし、寒ければ鍋セットや防寒グッズなどが売れるかもしれません。 更に今後は、Aiなどの発達で、ディスプレイの前にたった人の年齢や性別を分析し、そのターゲットにあった商品の情報を提供するデジタルサイネージの実用化も予想されています。 ターゲットにあった商品を絞って情報を提供することで、より打率は上がるといえます。

また、大型の店舗であれば、フロアマップやレジの混雑状況などのローカルな情報提供をすることで、より買い物客にとって買い物のしやすい店舗として他店と差別化を図ることができます。

・空間演出

商品情報だけでなく、例えば野菜を作っている農園の様子や景色をデジタルサイネージで放映することで、商品に新しい付加価値を付けることができます。

例えば、よく『〇〇さんが作った野菜』ですとか、『〇〇な場所で作られています』という記載がある食品もありますが、消費者にとってはイマイチ想像がつきにくいものです。 それをデジタルサイネージでより可視化することで、販売促進にもつながります。

スーパーでのデジタルサイネージ活用事例

上記のように、スーパーマーケットにおいても新たな販促を広めるなど、デジタルサイネージは様々な活用方法があります。 それでは、下記には実際の活用事例をご紹介いたします。

・イオングループ

イオングループは全国47都道府県に300店舗に『イオンチャンネル』というデジタルサイネージを導入しています。 自販機やレジ前の広告として活用し、利用客における2週間の平均接触者数は延べ340万人にのぼると言われています。 特に、イオンモール成田など空港に近い店舗では海外旅行客も多く、インバウンド向けの内容を放映することで、外国人観光客の集客にも役立っています。

また、イオングループのような大型店舗は特に、紙媒体の広告やポスターを全国に送り届けるにはコストも時間もかかります。そこで、各店舗に放映するデータを一括で管理することで、遠方にも簡単に情報を届けることが可能です。

・フードマーケット・オリンピック

首都圏でスーパーマーケット『Olympic』を展開するフードマーケットOlympicは、ソニーが提供するデジタルサイネージを採用しています。 首都圏22店舗において、151台のデジタルサイネージを設置し、商品情報や店舗情報を放映しています。 また、同店舗ではソニーが提供する『ミルとくチャンネル』といった独自の番組を放映もしており、天気予報や生鮮食品の情報を流すことで、消費者の潜在的な購買欲を掻き立てているとのことです。

・ライフコーポレーション

近年は、デリシュキッチンや、Cチャンネル等のアプリを利用して、一般ユーザーがアプリ上にレシピ動画を公開しています。

その動画を利用した施策として、ライフコーポレーションは、デリシュキッチンと手を組み、店頭にデリシュキッチンの動画を放映するデジタルサイネージを導入しています。 2018年8月末時点では全国269店舗に導入されており、今後も、データ連携、アプリおよびネットスーパーとの連携、商品・サービスの開発なども視野に入れながら、販促領域において幅広く協業していく方針を示しています。

スーパーのデジタルサイネージの導入は地域活性化にも役立つ?

スーパーマーケットは地域の人々が多く利用する施設の1つです。

特に、デジタルサイネージの最大の利点として、情報更新の容易さがあげられます。 リアルタイムでの情報更新、情報提供ができるため、その時、その場所にいる人々に有益な情報を提供することが可能です。 販売促進や、コミュニケーションツールとしての利用だけでなく、防災や交通安全などの地元に特化したローカルな情報を放映することで、地域活性化にも役立てています。

まとめ

近年ではインターネットショッピングなどの普及もあり、消費者が商品を購入するツールが、ネット上にシフトしていっているとも考えられます。

しかし、新鮮なお野菜や、生鮮食品を購入することができるのは、スーパーマーケットの特権です。 実際に、スーパーマーケットに立ち入る消費者のうち、50%以上が生鮮食品を購入しているというデータもあります。

スーパーマーケットにデジタルサイネージを導入することで、ライバルとの差別化を図ることができたり、人の集まる場所を作ることで地域の活性化につながったりするのではないでしょうか。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。