1. 総合トップ
  2. SIGNAGE COLUMN
  3. スーパーへのデジタルサイネージ設置は店舗完全無人化に適応できるのか?
SIGNAGE COLUMN

スーパーへのデジタルサイネージ設置は店舗完全無人化に適応できるのか?

最近、耳にしている「店舗完全無人化」ですが、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか? Aiの発達により、人の手によって行われていたものが、ロボットが接客を行ったりと、店舗自体の在り方も少しずつ変わり始めています。 その背景には、慢性的な人手不足を補ったり、独自が目指すスマートなお店作り、と理由はさまざまです。

日本では、まだまだ実験段階の店舗も多い中、いずれ多くの店舗がデジタルと融合した無人化に向けて、動き出す日も近いかもしれません。

そこで今回は、スーパーへのデジタルサイネージ設置は店舗完全無人化には適用できるのか、を詳しくご紹介したいと思います。

無人店舗とは

そもそも無人店舗とは、Ai(人口知能)やレジレス(キャッシュレス決済)を使い、お客が商品を購入する際にも従業員を介さず、そのままお店を出られるシステムのことです。

日本では「無人店舗」などと一般的に呼ばれていますが、実際には店舗の中には従業員も多く働いている店舗もあり、人ができる部分・Aiができる部分・機械ができる部分と分け、効率化を図っています。

とはいうものの、どのようにして無人化を実現させているのか気になるところですよね。 では次に、無人店舗には何が必要なのかを解説していきます。

無人店舗に必要なもの

無人店舗には、Aiカメラ・セルフレジ・出入口などへの防犯システム・デジタルサイネージが必要です。それぞれの役割を、さまざまな店舗を例にとり説明していきます。

Aiカメラ

Aiカメラは音声認識・自然言語処理(人間の言語を機械で処理する技術)・画像認識する技術が搭載されており、商品管理・防犯対策なども役立てられています。

2018年、シアトルにオープンした「Amazon Go」一号店では、Aiの高解像度技術(テレビなどに関わるデジタルでの画像処理技術の一つ)を使い、商品棚には、圧力センサー・重力センサー・マイクを設置し、棚から商品がなくなった時や商品が動く音、重さ等で検知し、ダブルチェック後にその商品の行方を、最終判断しています。 より正確に捉えるために、カメラの画像解析も加えられています。 例えば、購入しようとして手に持った商品を「やっぱりいらない」と思い直し、誰かに譲ったとします。 もしかして、Aiでも会計時に間違うのではないかと不安に思いますが、譲ったことも認識されており、会計を間違うこともなかったようです。 このような実験を繰り返し、犯罪防止にも役立てられています。

また一方で、売り場面積が2000坪(6600㎡)以上もあり、次世代店舗として話題になった「メガセンタートライアル新宮店」ですが、広い棚を見落とすことがないよう、カメラの見える範囲を繋ぐようにして設置されています。 こちらも「Amazon Go」と同じ様にAiカメラを使用し、どの商品を触ったのか、どのくらいの人が通過したか、商品の欠品はないか(個数のカウント)など、自動的に検知しています。

肉眼では見落としがちな部分まで把握できることによって、お客が購買に至ったもの、至らなかったものが分析でき、お客のCS向上にも繋がり、また、商品の欠品も把握できることによって、欠品を出さないスマートなお店作りにも役立てられています。

セルフレジ

セルフレジを設置することで、従業員を介していた作業が、セルフで行うことにより、待ち時間もなくスムーズに買い物が終了します。 また、人手不足による問題や人件費削減にも役立てられています。

コンビニ「ファミリーマート」では、人手不足を解消するべく、2015年からセルフレジを導入し始め、2019年3月の時点では1000台を導入し、それに伴い人手不足の中でも、従業員ができる幅も広がり効率化にも役立てられています。

一方、「メガセンタートライアル新宮店」では、カートに小さなタブレット型の画面が取り付けられており、そのタブレットがレジの役割をこなしています。 どういうことかと言うと、設置型のセルフレジの画面が一つのカートごとにとり、取り付けられている、と考えて頂けると分かりやすいかと思います。

セルフレジでは、商品をピッ!とスキャンしますが、カートに取り付けることによってレジに並ぶ必要もなく、お客が商品を手に取りタブレットにその場でスキャンした段階で、すでに会計がおこなわれています。 その後の支払いは、事前に登録したプリぺイドカードにチャージしておけば、お会計もスマートに終了する仕組みです。

売り場面積や、お客のニーズなどによってもセルフレジのスタイルも違ってくるようです。

出入口などへの防犯システム

先にも、防犯について少し触れましたが、Aiは人の行動を分析する独自の強みを持っており、人間の行動・表情分析から不審者の検証も行います。

監視カメラに映った映像から分析、その後、従業員に直ちに報告し、従業員は不審者と思われる方に声かけすることもでき、犯罪防止にも役立っているというわけです。 出入り口にも設置すれば、より素早く対応することが可能です。

また、RFID (radio frequency identification)という技術も主流になっています。RFID は、近距離無線通信を用いた自動認識技術のことなのですが、商品にICタグを取り付け、取り付けた対象物を色別・管理します。この管理するシステムやその部分のことを一般的にはRFID と呼ばれています。 つまり、商品が目視出来なくても通信でき、商品管理が徹底できるというわけです。

デジタルサイネージ これまで紹介した店舗にもデジタルサイネージが設置されており、目の前にいるお客にあった商品宣伝などに役立てられています。 お店の中の通路沿いや出入口に設置し、買い忘れなどがないか商品の紹介や、訴求力にも貢献しています。 また、「メガセンタートライアル新宮店」のレジでも紹介したように、カートにとりつけレジとしても使用されています。 商品のスキャン後、商品のクーポン配信や、類似商品でお買い得な商品を紹介したりと、配信内容はお店によってさまざまです。

デジタルサイネージは無人店舗実現に必須なのか

無人店舗というと、Aiカメラとセルフレジが主役になりがちですが、デジタルサイネージは無人店舗に必須なのでしょうか? デジタルサイネージの3つの機能について、更に詳しく説明していきます。

Aiを搭載することができる

Aiを搭載したデジタルサイネージは、性別や年齢・顔面認識と人の追跡(人数のカウント)など、Aiカメラと同じ機能を持っていますが、映像を放映できるのが大きな違いでもあります。 映像をプラスすることで、先にも述べた防犯対策にも更なる強化を加えることもできます。 音声対応も可能なので、入口にAiを搭載したデジタルサイネージを設置すれば、不信人物を検知し、その場で声をかけることができます。 警視庁が発表している「防犯パトロールのマニュアル」によると、不審者への声かけは、犯罪を未然に防ぐ方法として有効だとしています。 実際に誰かに声をかけられると、犯行を思い留まったといった報告も上がっています。お店の入口に配置することで、より効果的に防犯対策を徹底していることを、アピールできます。 また、顔認証システムでは目の前にいる人に対して、性別や年齢なども瞬時に判断し、その人にあった商品を効果的に紹介することもできます。 つまり、Aiカメラに画像放映がプラスされたものがデジタルサイネージ、とすると考え方としては近いかもしれません。 また、お店の中の通路沿いに設置し、目の前の人に合った商品紹介や購買意欲を促すなど、使い方によって活用の幅も広がります。

接客を行うことができる

例えば、外国のお客が来店された場合は、タッチパネルで「多言語表示」もできますが、話した言葉がどこの国の言葉なのかも自動判断し、返答もその国の言葉に変換してコンテンツを表示することもできます。 このシステムがあると、外国人の方でも安心して買い物することができます。 商品の裏面にある商品表示をかざすと母国語が表示される、といったサービスもいいかもしれません。 また、音声対話も可能です。サイネージに話しかけ接客をすることもできるので、店舗ごとにお客の疑問を事前にリサーチし、その場で問題解決できると買い物も楽しくなりますし、従業員の業務効率化にも貢献できます。 入店やお帰りの際には、サイネージ上で人物を映し出し挨拶をすることで、気持ちよく入店できたり、帰ってもらうことができます。

緊急時の道案内等にも利用できる

クラウド型タイプのデジタルサイネージは、常に最新の情報を配信することができ、緊急時の道案内にも利用できます。 例えば、店内やその周辺で体調を崩したお客がいたとします。 しかし、近くの新しい病院は手元のスマートフォンにも表示さえておらず、どこをどう行けば良いのか分からない時など、お店の周辺の情報を詳しく表示することで、緊急時にも対応し便利です。 近くのタクシーも案内できると、より迅速に病院にもたどり着けます。 周辺の地図は、いざというときにとても役に立ち、天気予報などとりいれることで予定していた帰る時間をずらしたりと、お客側にも多くのメリットが生まれるでしょう。 このように、さまざまなコンテンツを配信することで、さまざまなシーンに役立てられています。

まとめ

スーパーへのデジタルサイネージ設置は店舗完全無人化に適応できるのか?について、紹介致しました。 これからますます高齢化が進み、働き手も足りない状態が深刻化していく中で、デジタルとの融合が、ますます加速していく時代へと発展していくことでしょう。 独自のスタイルを維持した、さまざまな店舗展開が開拓されていく中で、Aiカメラ・セルフレジに加えデジタルサイネージを取り入れ、お客のCS向上や防犯対策になどに役立てるのもいいかもしれません。 デジタルサイネージの気になる特徴なども踏まえ、ご相談やお悩み等がある方は是非一度サイネージモンスターまでお問合せ下さい。

NEW POSTS

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。