SIGNAGE COLUMN

【デジタルサイネージ×動画】動画広告の活用で集客の自動化が可能に!?


デジタルサイネージとは、動画を使った看板型のことを言います。最近では駅や空港をはじめ、ショッピングモールやスーパーなどの店頭でも見かける機会も増え、新しい広告方法とその訴求力の高さに注目を集まっています。

中でも、デジタルサイネージによる動画は、集客の面においても高い訴求力を発揮することができます。そこで今回は、デジタルサイネージによる動画広告における集客についてご紹介していきたいと思います。


動画広告市場は急成長中

さまざまな場所で、情報発信をするデジタルサイネージですが、近年のデジタルの進化とともにより鮮明な映像が表示できるようになりました。デジタルサイネージは、1台のディスプレイで複数のコンテンツを切り替えることができ、ディスプレイの設置場所や時間帯に合わせた広告内容を表示させることができます。

また繰り返し同じ動画を再生することも可能なため、紙媒体の広告では行うことが難しいターゲティング広告をすることができます。

そのほかにも、タッチパネル式のディスプレイによるデジタルサイネージもあり、ユーザーが自分で必要な情報を探し出したり、クイズなどのミニゲーム要素を入り口にして、楽しんでもらいながら情報発信をすることもできます。

タッチパネル式のディスプレイは、ショッピングモールのサービスガイドとしても活用されており、デジタルサイネージはより身近な存在となってきています。


デジタルサイネージに動画広告を流すメリット

デジタルサイネージは、テキストだけでなく静止画や情報を表示することができますが、動画で表示することで、デジタルサイネージの特性を最大限に発揮することができます。その理由は、人は「動くものに目がいく」という習性があるためです。

さらに、静止画に比べてたくさんの情報を短い時間で伝えられるため、目と耳から多くの情報を伝えられる動画は、デジタルサイネージの最大のメリットと言えるでしょう。


動画が人の視線を集める

紙広告に比べ、動画広告は道行く人の視線を集めることができるため、表示内容次第でさらに大きなインパクトを与えることも可能です。さまざまな場所にたくさんの紙広告がある中、動画であればその存在が埋もれることなく、しっかりとアピールすることができます。

また、デジタルサイネージは3Dアートを駆使することもできるため、広告内容を工夫して特別感を演出することも可能です。


ターゲットを絞った集客が可能

デジタルサイネージは、紙の広告とは異なりターゲット・時間帯に合わせてプロモーションをすることができます。

例えば、駅にサイネージディスプレイがあるとします。朝の通勤時間に合わせて栄養ドリンクの広告を表示したり、親子連れの多い日中であれば、テーマパークの広告を表示することで自然とディスプレイに目が留まり、購入率や来店率を上げることができます。

このようなことができるのは、デジタルサイネージの大きな特徴です。広告においてターゲットにしっかり伝えられるということは、非常に重要です。


コストの削減ができる

一見、紙の広告の方がコストがかからないと思われがちですが、デジタルサイネージであればコストを大幅に削減することができます。その理由として紙広告の場合、まず掲示場所に合わせた数の印刷が必要になりますが、デジタルサイネージであれば、1つデータを作ってしまえば複数のディスプレイで利用することができるためです。 そのため、掲示場所が多ければ多いほど、デジタルサイネージの方がコストがかからずお得ということになります。

また紙広告の場合、内容に修正や変更がある際、全てを広告の交換や張替が必要となり人的コストもかかってきますが、デジタルサイネージであれば、データを修正するだけなので、それほど手間がかからず、コスト削減をすることができます。


動画で誘導ができる【集客自動化】

先述でも述べたように、デジタルサイネージはターゲットや時間帯に合わせて、広告を表示することができるため、集客効果を高めるものとして非常に効果的です。

同じ商品の広告でも、紙広告で貼ってあるのに比べて、動画広告で表示した方が魅力的に伝えることができ、差別化を図ることもできるためさらにユーザーへの印象が強く残りやすくなります。そのため、店舗への来店誘導にデジタルサイネージは非常に有効となります。


多くの情報を伝えられる【訴求力アップ】

紙広告の場合、サイズによって盛り込める量はある程度限られてきます。もちろんサイズの大きい広告であれば別ですが、基本的には紙広告よりもたくさんの情報を盛り込み、動画または静止画で対応することができるため、高い訴求力を実現することが可能です。


デジタルサイネージ×動画の活用シーン

デジタルサイネージの動画活用シーンは、たくさんあります。用途に合わせて利用できるのもデジタルサイネージの魅力の1つです。広告したい内容に合わせて、どんな場面で利用できるのか確認していきましょう。


サービスガイドとして

デジタルサイネージ活用用途として、まずはサービスガイドがあります。ショッピングモールの施設案内や、駅などの公共交通期間にて道案内をするなど、利用者の利便性を高めることができます。現在の位置情報からの案内がスムーズに行えるため、ユーザーの満足度向上にも繋がります。


フレキシブルな広告ツールとして

デジタルサイネージは、ターゲットや内容に合わせたフレキシブルな広告を打つことができます。ターゲットだけでなく時間や場所に合わせたプロモーションが可能です。飲食店でサイネージ広告を出せば、おいしそうな料理とインパクトのあるテキストを入れることで、よりダイレクトに伝えることができます。


店舗集客の自動化ツールとして

そしてデジタルサイネージは、店舗集客の自動化の面でも有効的です。適切なタイミングで適切な人に、適切なものを表示することができるため、店舗集客を効果的に自動で行うことにより、非常に高い集客力を期待することができます。


まとめ

デジタルサイネージは今、さまざまな場所で活用され始めており、今後も普及していくことが予想されます。動画による豊富な情報を適切な人に適切な商品を、適切なタイミングで伝えることができるデジタルサイネージ。ぜひ集客に悩んでるという方は、これを機に検討してみてはいかがでしょうか?

まずは無料会員登録で、
あなたの欲しい情報にアクセスしましょう!

イラスト:商品・サービス宣伝のサイネージ広告を見ている様子

サイネージモンスター
AD

広告を出して
商品・サービスを宣伝したい方

会員登録がお済みでない方
イラスト:収入を受け渡している様子

サイネージモンスター
SHOP

端末設置・広告を販売して
広告収入を得たい方

無料会員登録はこちら

※会員アカウントは共通です。どちらかに登録すると全ての機能をご利用いただけます。